♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

《 ターシャ・テューダー 静かな水の物語 》

4月27日(木) 晴 すっかり春です。

【ターシャ・テューダー 静かな水の物語】

17-04-27_00.jpg
監督:松谷光絵
キャスト: ターシャ・テューダー、セス・テューダー、ウィンズロー・テューダー、エイミー・テューダー

2008年に他界したアメリカの絵本作家で、自然に囲まれた生活スタイルがとても素敵な
ターシャ・テューダーのドキュメンタリーです。
彼女の動物や植物を愛する生き方がなんとも素敵です。
【ターシャの庭】 としても有名ですよね~♪

晩年は故郷に帰って、彼女の様な生活を夢見た私ですが、、現実はそうならなかった・・・
映画の中での【ターシャの庭】を堪能してきました。

今年3本目の映画です。

[シネリーブル梅田] HANAさんありがとう♪ 久しぶりに独りで観てきました。


スポンサーサイト

ジャンル : 映画
テーマ : 映画館で観た映画

 《 映画 相棒-劇場版Ⅳ 》

3月6日(月) 曇

映画鑑賞
【相棒-劇場版Ⅳ】

170306_00.jpg
監督: 橋本一
脚本: 太田愛
キャスト: 水谷豊、反町隆史、鈴木杏樹

我が町内会長Oさんの、脳梗塞になられた後初の映画鑑賞に、
乙女会のメンバーが一緒に便乗して観に行った映画です。

実は私は相棒ビギナーです。
映画どころかTVドラマでの相棒も観たことがありません。
なので話についていけるかどうか?一寸心配でしたが、大丈夫でした。(だったと思います)
十分に楽しんで観てきました。

[アポロシネマ]

それから、それから

映画の後、パン食べ放題のお店でランチ♪
お腹いっぱい、いや、それ以上に食べてきました。

そして、551蓬莱の豚まんを買って、夕食は手抜きです。

仲間と映画を観て、美味しい昼食をいただいて、夕食は手抜きで♪
たまにはこんな日があっても良いですよね。
たまにではなくしょっちゅうの方が良いですけれど(笑)

ジャンル : 映画
テーマ : 映画館で観た映画

 《 久しぶりの試写会 【モアナと伝説の海】 》 

2月22日(水) 晴のち雨

【モアナと伝説の海】 試写会にて鑑賞

HANAさんに誘っていただいて観てきました。
IMG_0964.jpg

IMG_0965.jpg

IMG_0966.jpg

久しぶりの映画。
おまけに映画終了後、
主役のモアナの声を担当した屋比久知奈(やびくともな)さん、
相棒役のマウイの声を担当した尾上松也さんの
舞台挨拶まで付いた試写会でした~♪

海が大好きで、海からも選ばれた伝説の少女の冒険のお話です。
海の映像がとっても美しく、歌にも引き込まれます。

舞台挨拶の後、屋比久さんが主題歌を生歌で披露して下さって、
その素敵な歌声に魅せられてきました。

松也さんの生歌は無かったけれど、映画の中での歌声は素敵でした。
それにしても、歌舞伎、映画、テレビと大活躍ですね~。

2万通以上の応募の中から選ばれた試写会だったそうです。
HANAさん、ありがとうございましたm(__)m

[TOHOシネマズ梅田]


 《 シンゴジラ 》

9月3日(土) 晴 朝晩は涼しくなったけれど、日差しがきつい!

映画鑑賞
【シン・ゴジラ】

16-09-03_00.jpg
脚本・総監督:庵野秀明
監督・特技監督: 樋口真嗣
キャスト:すごく沢山

マササンが初日から勧めてくれていた庵野作品です。
やっと観に行くことが出来ました。

勧められて見る映画は期待が大きすぎてそれ程でもないと思うこともしばしばなのですが、

いや~~~!面白かった~~~♪♪♪

エンドタイトルに大きく

庵野
秀明


と出るのではないかと思った程の庵野作品です。

映画が終わった時に思わず拍手しそうになりました(笑)

ただセリフも多く、早口なのでもう一度観たらもっと深く楽しめるかな?と思った次第です。

[ アポロシネマ ]

ジャンル : 映画
テーマ : 邦画

 《 海よりもまだ深く 》

5月28日(土) 曇時々小雨 そろそろ梅雨入りか?

27日にもう一本 映画鑑賞
【海よりもまだ深く】
16-05-27_01.jpg

監督: 是枝裕和
キャスト:
阿部寛
樹木希林
真木よう子
小林聡美山辺康
リリー・フランキー
池松壮亮


是枝監督の作品なので是非観ておこうと思った映画です。

タカシが引っ越した宿舎が、古い古い公団仕様のアパートなので、
団地を舞台にしたこの映画に曳かれたという事もあります。
この映画の団地、設定は築40年。タカシの宿舎は築50年と聞きました。
うーんやっぱりそれなりだなぁ(>_<)

思い描く自分には成れていない阿部寛演じる良多。
どうしようもないダメダメ中年です。
彼を取り巻く人達を、その日常生活を淡々と描いている映画です。
それが見ていて重い。。。

笑えるところはいっぱいあるんですけど何故でしょうね?

あまりにも日常過ぎるからでしょうか?
自分自身の周りに、こんなことってあるある!と思えるからでしょうか?
身につまされる世代だからでしょうか?

【歩いても歩いても】を観た時と同じような感覚を覚える映画です。

心に沁みる台詞が沢山出てくるのですが、
樹木希林さん演じる母親、淑子の
 「海より深く人を好きになったことってある?私はないわ!だから生きていけるのよ」
という台詞にはドキッとしました。
何も考えずに能天気に生活を送っている私にドンと突き付けられた気がします。

[アポロシネマ]

ジャンル : 映画
テーマ : 映画

 《 ちはやふる・下の句 》

5月27日(金) 曇 もうすぐ梅雨かな?

今年のプランター菜園はこんな感じです。


チシャと、向こうの双葉は何だろう?小松菜かな?
16-05-28_00.jpg
チシャが大きくなってきました。
主人は焼肉を包みたいらしいです。が、私は酢味噌かなぁ?
焼肉を食べたい方は、肉持参で来てください。大歓迎いたします♪

出番を待つ苗(胡瓜、チシャ、大葉、そして朝顔)
勿論主人が種から仕立てています。
16-05-28_01.jpg

しゃがめる様になった主人です。。
狭い場所なのでどのように野菜を作ろうかと思案中かな?
16-05-28_02.jpg


暑くなったなぁと思った一日で、アッという間に鉄砲百合も花を開きました。
16-05-26_00.jpg

ガクアジサイは野菜に迫られて、だんだん肩身の狭い思いをしているようで、越してきた頃の勢いはありません。
16-05-26_01.jpg


映画鑑賞
【ちはやふる・下の句】

16-05-27-00.jpg
監督: 小泉徳宏
原作: 末次由紀
キャスト:
広瀬すず
野村周平
真剣佑
上白石萌音
矢本悠馬

ゴールデンウィークにはタカシのところに行っていたので yuki & kou とは一緒に観れなかった(>_<)
間もなく終わりそうなので、慌てて独りで観てきました。

下の句は競技かるたの面白さというよりも、色々と思い悩む精神的な葛藤を描いているので
yuki & kou には一寸難しかったかな?

私はイジイジする姿にもどかしい思いもしたけれど、単純に面白かった♪

一途に燃えるものを持っている高校生って好いなぁ♪
yuki & kou にも燃えるものが見つかるといいなぁ♪

[アポロシネマ]

ジャンル : 映画
テーマ : 映画

 《 ひさしぶりの映画 【ちはやふる】 》

4月10日(日) 晴

映画鑑賞
【ちはやふる 上の句】

16-04-10_01.jpg

監督:小泉徳宏
キャスト:
綾瀬千早 広瀬すず
真島太一 野村周平
綿谷新 真剣佑

末次由紀原作の大人気コミック「ちはやふる」の実写版映画です。
競技かるたに打ち込む高校生の姿を面白おかしく、でも真面目に描いています。

マササンが yuki & kou と一緒に観に行くというので便乗させてもらって観てきました♪
あ~~思い起こせば 【ベイマックス】 以来、1年ぶりの映画でした。
やっぱり映画は劇場で観るのが好いなぁ~~♪
ストレス解消させてもらいました。

この映画を観たら競技かるたとまではいかなくても、百人一首をしたくなりました。
yuki か kou か競技かるたをしないかなあ~?
したらいいのになぁ~!

yukiは【下の句】も観たいと言っていたので、その時はまた便乗させてもらおうっと!
マササン、ヨロシク~~~♪




ジャンル : 映画
テーマ : 映画

 《 マエストロ 》

映画鑑賞
【マエストロ】

150228_02.jpg
監督: 小林聖太郎
原作(コミックス): さそうあきら
キャスト: 松坂桃李、miwa、西田敏行、古館寛治、大石吾朗、濱田マリ、河井青葉 他

129分の長い映画です。
ストーリーは思った通りのベタなのですが、
それぞれの楽器の演奏や
オーケストラの演奏も、まだまだ聴いていたいと思っているうちに、
アッという間に終わってしまいました。

なにせ、
指揮指導:指揮演技監修が佐渡裕
音楽:上野耕路
エンディングテーマ:辻井伸行
なんですって。

各出演者もかなり練習を積まれたのでしょうね、演奏シーンも違和感なくて良かった。。。

実は、オーケストラのリハーサルを何度か観に行ったことがあります。
さすがにこの映画のような、口汚くののしったり、下ネタを口にしたりすることはなくて上品でしたが(笑)、
曲のイメージ、成り立ちなどが指揮者から語られて、興味深かったことが思い出されました。

劇場で観ることができて良かったと思う映画でした。

[なんばパークスシネマ]


ジャンル : 映画
テーマ : 邦画

 《 ベイマックス 》

28日(土) 晴
つぶやき

2月も今日で終わり!
少しずつ春めいてきたことを肌で感じます。
花粉症も如実に表れて、喜んでばかりはいられないんですけど(笑)

昨日は映画を観に行きました。
先月観た映画が 【ゴーンガール】
怖くて恐ろしくて、イヤーな感じにさせる恐怖感!の映画だったので、
今回は楽しくてホンワカとする映画を観たいと思い、選んだのが
【ベイマックス】 と 【マエストロ】
思い通りの映画で、一日ノンビリ堪能させてもらいました。

今日は【ささえあいネット】の当番の日です。
ご近所の方達とのコミュニケーションを楽しむ一日です♪

映画鑑賞
【ベイマックス(Big Hero 6)】

150227_01.jpg
監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ

ディズニーの作品ですから、まあ間違いなくハッピーエンドになるお話!
そう信じて観ました(笑)

久しぶりに 笑って、泣いて、楽しんで観ることができた作品でした。

実は私、ベイマックスは雪だるまと思っていたんです。
yukiに「エーッ?ロボットやろ?」と言われた次第。
正しくロボットのお話でした(笑)

映画って癖になりますね。
昨年は1本も観てなくて、そうしたら特に観たいとも思わなくなっていたのですが、
久しぶりに観たら、また観に行きたくなりました。

人生楽しまなくっちゃね(^^♪

[なんばパークスシネマ] 

ジャンル : 映画
テーマ : 映画館で観た映画

 《 映画鑑賞 ゴーン・ガール (Gone Girl) 》

20日(火) 晴
つぶやき

今日は良いお天気♪
勿論布団を干しました。

昨日はシネマ歌舞伎ともう一本映画を観てきました。

映画鑑賞
【ゴーン・ガール (Gone Girl) 】

poster2.jpg
 監督 :デヴィッド・フィンチャー
キャスト:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン 他

マササンがね、
「女性が観たら痛快な映画だと思うよ」
なんて言うもんでね、観 た ん で す。。。

監督がデヴィット・フィンチャーですから、とっても興味深く面白いんですけれど・・・
やっぱり怖ーい。。。
ロザムンド・パイクが美しいだけに、怖ーい。。。

最初の方は、
『そうだ、そうだ、こんなところを男性諸氏は気を付けないとね!』
なーんて、夫婦のあり方をいろいろ考えたりして観ておりました。

でもね、だんだん???
そんな話ではないことがわかってきて・・・

怖くて恐ろしくて、イヤーな感じにさせる恐怖感!

さすがデヴィッド・フィンチャーというべき作品でした。

[なんばパークスシネマ]

ジャンル : 映画
テーマ : 映画

 《二人藤娘 / 日本振袖始 byシネマ歌舞伎》

19日(月) 雨のち曇

シネマ歌舞伎 鑑賞
【二人藤娘/日本振袖始】

no21_fujimusume.jpg
『二人藤娘』
藤の精:坂東 玉三郎
藤の精:中村 七之助

『日本振袖始』
岩長姫実は八岐大蛇(やまたのおろち):坂東 玉三郎
稲田姫:中村 米吉
素盞嗚尊(すさのおのみこと):中村 勘九郎


『二人藤娘』の玉三郎、七之助は容姿も似ていて美しくて魅せられました。
『日本振袖始』は2011年4月に南座で 坂東 玉三郎 尾上 右 近 中村 獅 童で観たことがあったのですが、
シネマ歌舞伎では芝居の内容の説明、舞台裏の様子なども見せてくれて一層興味深く観ることができました。

[なんばパークスシネマ]


一昨年の12月に【春興鏡獅子】を観に行って以来の久々の映画館。
チケット売り場の席の選び方も変わって、少々ドギマギ!
NO MORE映画泥棒の映像も変わっていて、ちょっと浦島状態(笑)

主人も元気になったことだし、また映画を楽しもうと決意を新たにした(?)一日でした。



ジャンル : 映画
テーマ : 映画で歌舞伎

 『くじけないで』 観賞

13日(金) 曇 朝焼けが綺麗だった

映画鑑賞【くじけないで
★★★★★★★★☆☆

くじけないで
監督:
キャスト:八千草薫 武田鉄矢 伊藤蘭 檀れい 芦田愛菜 上地雄輔 ピエール瀧 鈴木瑞穂 他

90歳を過ぎてから詩を書き始め、今年1月に101歳で亡くなった柴田トヨさんの詩を通して
彼女の一生を描いた作品。

一人息子の健一は、親としては実に気がかりな頼りない生き方をしています。
そんな気がかりなことも沢山あるけれど、
言葉を綴ることで、何気ない言葉なのに 周りを優しく包み込むトヨさんの日々。

毎日の何気ない事柄を大切に暮らさなければと感じてしまいます。

観終わって、じんわりと心に沁み込むような愛情があふれてきます。

[なんばパークスシネマ]

ジャンル : 映画
テーマ : 映画

タグ : くじけないで 柴田トヨ

 《シネマ歌舞伎『春興鏡獅子』体験型イベント上映》

12日(木) 晴
つぶやき

シネマ歌舞伎のイベント上映
今冬一番の冷え込みの中
歯医者の予約も入れているし、生協の日でもあるし
迷ったけれど
歯医者の予約を変更してもらい
生協はオジイチャンに頼んで
行くことにしました♪♪♪

心なしか膝の調子も良い♪♪♪

シネマ歌舞伎★観賞
シネマ歌舞伎春興鏡獅子』体験型イベント上映】

春興鏡獅子
プロの大向うさんを招いた、体験型イベント上映会です。

今回も観る予定だった【春興鏡獅子】でイベントが催される、しかも1回だけ!
で、やっぱり見逃せない!と
寒さなんぞはなんのその!
出かけました♪♪♪

ご存知でしょうが、
役者が登場したときや
見得を切ったときに声を掛けることやその人々を大向うと言います。

後の席の事を向うというのだそうで、そのまた後から声を掛けるので大向うというのだそうです。

川島靖男さん(関西・歌舞伎を愛する会 事務局長)
岩城重義さん(大向初音会 会長)
海堀和夫さん(大向初音会 顧問)

の三方をお迎えして講演と大向うの体験をするというイベントです。

講演の中で、関西と関東では微妙に大向うのタイミングが違うと言う話を聞いて興味深く、
舞台やシネマ歌舞伎の時は大向うも含めて観賞してみようと思いました。

そして「中村屋!」と大向うの練習もしました。

そして上映会の中でも大向うを掛けてください。とのお話だったのですが・・・

映画では出来ませんでした。

大向うはいわば舞台との掛け合い!
生の呼吸の通い合う中でないと無理ですね~。

映画の最初に六世尾上菊五郎の春興鏡獅子の記録映像も流れ
昨年亡くなられた勘三郎さんのこの作品に対する思い入れも語られて・・・

映像で舞台が記録されるのは素晴らしいことですが
返す返すも息の通った舞台で勘三郎さんの春興鏡獅子を観賞したかった。

ちなみに私は一昨年 尾上菊之助さんが演ずる春興鏡獅子を舞台で観ています。

[なんばパークスシネマ]

ジャンル : 映画
テーマ : 映画で歌舞伎

タグ : シネマ歌舞伎 春興鏡獅子 勘三郎 尾上菊之助

 『きっと、うまくいく』 Blu-rayで観賞

9日(月) 晴のち曇り

【きっと、うまくいく】

★★★★★★★★☆☆



監督・脚本: ラジクマール・ヒラニ
キャスト:アーミル・カーン  カリーナー・カプール  マドハヴァン  シャルマン・ジョシ  他

2009年のインド映画
日本では今年(2013)5月に公開されました。

私は全然知らなかった作品ですが、マササンが購入して勧めてくれた映画です。

家で映画を観るのは何かと邪魔をされることも多くて苦手なのですが、
昨日は主人も忘年会で居なかったし、ゆっくり観賞できました。


難関の工科大学ICEへ入学した青年たちの友情、進むべき進路への迷い、家族との葛藤などを
面白おかしく、風刺して笑わせてくれます。

卒業と同時に行方不明になっていたランチョーを
学生時代の思い出を交錯させながら
親友だったファルハーンとラージューがチャトルと一緒に探しながら旅をします。


困った場面になって唱える「きっと、うまくいく」は

「All is well」 だと思っていたのですが

イギリス統治時代のインドで夜警が街を見回りながら口にしていた言葉
『Aal Izz Well』(アール・イーズ・ウェル)

の訳なのだとか。(何語なのでしょう?)

コメディで娯楽作品としては最高!!!
インド映画のお約束である突然の歌も踊りも勿論あります(笑)

でも感動させてくれます。。。

お勧めですよ~~~~~♪♪♪

ジャンル : 映画
テーマ : 映画

 『そして父になる』 観賞

22日(火) 曇時々雨
つぶやき

今日はYuki&Kouのヤマハ英語教室の参観日
Kouはハロウィンレッスン♪
小さなお菓子の袋を用意して・・・『Trick or Treat!』

私も参加させてもらったけれど、
Kouはやっぱりトモチャンと一緒だと人目をはばからず甘ったれ!
それでも途中からは少し離れられる様になってきた。 かな?

~☆ 今日の私 ☆~
昨日の疲れが取れない(>_<)

膝も伸ばして歩けるようになったし、もう大丈夫だろうと思ったのに・・・
人ごみを歩くと思ったように身体が進まないし、まだまだ疲れる。

私ももう一息だなぁ~~
少しずつ歩く距離を伸ばしていかなければ!


映画鑑賞【そして父になる】
★★★★★★★★☆☆

そして父になる
監督:  是枝裕和
キャスト:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升炫 他

ご存知第66回カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した作品です。

正解なんてない解決法を手探りで探そうとする家族の
重くて切ない物語です。

子供の取り違えなんて重い問題を抱えなくても普段の生活の中で
父として、母として、家族として、どのように係わりあっていくのか考えさせられる作品でした。

野々宮家、斎木家の家庭環境、経済状態、親としての接し方等々のバランスが絶妙で
このバランスが異なっていたら物語もまた違ってくるのだろうな。。。

本当に正解なんてないお話です。。。


[なんばパークスシネマ]

ジャンル : 映画
テーマ : 映画