FC2ブログ

♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

《 【佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美】 そして・・・ 》

11月19日(火) 晴
昨晩雨が降ったので心配したのですが、良いお天気になりました。

【佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美】
2019-11-20_00.jpg
バラバラになった三十六歌仙絵のうち三十一の歌仙絵が一堂に会するというので行って来ました。
入れ替えもあるので三十一の歌仙絵が見られるわけではないのですが、それでも圧巻です。

2019-11-19_01.jpg

久しぶりの京都国立博物館です。
高槻時代には簡単に行けた京都ですが、羽曳野からは遠いなぁ~。
でも思い切って行って良かった。
2019-11-19_00.jpg

[京都国立博物館]

そして【蜜蜂と遠雷】 鑑賞
蜜蜂と遠雷
モデルとなった浜松国際ピアノコンクールのドキュメントを見て、観に行きたいと思っていた作品です。
朝一番での上映しか無くなったので少々焦りましたが、観れて良かった。
恩田陸さんの原作も読みたくなりました。

[TOHOシネマズ梅田]

腰と膝の調子も今一つだったのですが、映画も美術展もなんとかこなせて、充実した一日でした。
それにしても、疲れた~~。
年寄りの冷や水???
いやいや、まだまだ負けません(笑)





スポンサーサイト



[ 2019/11/20 10:29 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

 《 【ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ】 そして 仁和寺 へ 》 

10月10日(木) 晴のち曇

京都へ

【ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ】へ

マササンから情報をもらっていてはいたものの、いかんせん京都は遠い(>_<)
でも、やっぱり行ってしまいました。

2019-10-10_04.jpg
グラフィックノベルというのだそうですね。
文字のない、絵だけで物語を描き、
一種独特な世界が繰り広げられるショーン・タンの世界展です。

色のある油絵、造形も素敵ですが、
色彩のない鉛筆画、メモ書きのような手帖、絵コンテの繊細さに圧倒されました。

2019-10-10_00.jpg

2019-10-10_01.jpg


アライバル が話題になった時に知ったショーン・タンさん。
知ってはいても購入はしていなかったのでアライバルにしようか?作品集にしようか?迷ったのですが、
今回は作品集を買ってしまいました。

そして 仁和寺へ
せっかく京都にでたのですから、以前から行きたいと思っていた仁和寺へ行きました。
御室へは初めての旅(?)です。

なんとかたどり着けるものですね(笑)。
2019-10-10_05.jpg

2019-10-10_06.jpg
偶然なのですが、この日は
【真言宗十八本山お砂ふみと青年僧侶300名結集】
という行事が行われている日でした。


まだまだ昼間は暑い日が続いているのですが、季節はもう秋になっているのですね。
紅葉もはじまっています。
2019-10-10_07.jpg2019-10-10_08.jpg

観音堂での特別拝観もあり迷いましたが、今日だけのお砂ふみをお参りしてまいりました。


帰りは京福電鉄→阪急電車→JR→近鉄電車 と乗り継いての帰宅です。

初めて京福電鉄は、仁和寺の手前で桜のトンネルになっている場所も通って・・・
一度桜の季節に乗りたいものです。

久しぶりの阪急電車! 懐かしかった~♪
2019-10-10_10.jpg

とっても楽しい一日ですが、疲れました(>_<)
でもまた出かけたいと思っています。
[ 2019/10/11 09:41 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

 《 堀 文子追悼展 へ 》

4月22日(月) 晴
義妹と京都へ

【堀 文子 追悼展 -旅人の記憶ー 】へ

今年2月に逝去された堀文子さんの追悼展へ行きました。
190423_01.jpg

190423_02.jpg
「群れない」「慣れない」「頼らない」を信条とされ、100歳まで創作を続けられた画家です。
世界中を旅され、
移住までされて、
いろんなタイプの画を描いて、
これが一人の画家の作品かと驚いてしまいます。

紫がかったピンクが印象的です。

堀文子さんは義妹が大好きな画家の一人だそうです。
私の少ない美術鑑賞の引き出しが一つ増えました♪

義妹からの古稀の祝い♪
帰国中の義妹は東京、大阪、福岡、そしてまた大阪、東京と大忙しです。
そんな中、今日は私の古稀の祝いに一日付き合ってくれるというので京都に行きました。

桜の季節はほぼ終わりですが、吉野の奥千本は丁度満開らしいので吉野行きも考えました。

が、義妹とのお喋りの中に出てきた堀文子さんの追悼展が丁度22日まで京都で開催されていることを知り、
福岡にある主人の両親と叔母の墓参りもなかなかできないので、
浄土真宗本願寺派の本山の西本願寺と
浄土宗総本山の知恩院にお参りしたいという私の希望をいれてもらい、
行き先を京都に変更です!

贅沢にも天王寺から京都まで特急に乗せてもらい、
京都での交通費は勿論、昼食も、夕食の買い物の分も全部出してくれました。

そして、堀文子さんの一筆箋、と西本願寺で念珠入れをプレゼントしてくれました。
190423_00.jpg

ありがとう♪
大事に使いますm(__)m(念珠は私の手製です)
[ 2019/04/23 10:10 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

 《 フェルメール展へ 》

3月26日(火) 続きです

22日(金) 
タカシと【フェルメール展】

190322_00.jpg
現存しているフェルメールの作品は35点だそうですが、
二本初公開を含めて6点の作品が展示されています。

待ち時間も覚悟していたのですが、スムーズに入館することが出来て、
北斎の作品とは違って絵が大きいので楽に見ることができました。

24日(日)にタカシは浜田に帰りましたが、引っ越しをする月末に手伝いに行く予定にしています。
ファイトッ!



[ 2019/03/26 15:13 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

《 行って来ちゃいました 北斎展 永田コレクションの全貌公開〈序章〉後期 を観に♪ 》

今日は3月26日(火) 晴
北斎ー永田コレクションの全貌

190321_00.jpg
21日春分の日に観ることができました。

つぶやき
孫達の協力を得て、企てていた通り、20日から浜田へ行き、
21日に永田コレクションを観て来ました。

この計画を企てた後に、タカシの松江への転勤が決まりました。
4月からは松江です。

この時期の引っ越しはなかなか希望通りにはいかないそうで大変みたいです。

荷造りは勿論ですが、諸々の手続き、新居の鍵の受け渡し、引っ越し後の点検等々、
浜田と松江の間を行き来しながらこなさなくてはなりません。
浜田と松江の距離は約130㎞あります!

なので本来ならば【北斎展へ】なんて言わずに引っ越しの手伝いをするべきなのでしょうが、
タカシも【北斎展】には行くというので、甘えていくことにしました。

21日の天気予報は雨!
私もとうとう雨女になったのかと思ったのですが・・・

明けてみたら良いお天気♪ 日差しも強くて車の中は暑い位です。
IMG_2631.jpg

新しく開通したバイパスを通って、快適なドライブとなりました。
IMG_2632.jpg

IMG_2633.jpg

途中でいちじく温泉にも寄って、県立美術館に♪
IMG_2634.jpg

前期の時に学芸員の方の説明を受けていたので、今回はスムーズに観て回ることができました。

宍道湖の日没を期待したのですが、雲が出て来て、こんな感じです。
寒くなってきて、風も強くて、湖面も波立っています。
何時かは美しい日没を見たいものです。
IMG_2637.jpg

松江から大阪へ、タカシも一緒に帰省してくれました。
車から撮った月です
IMG_2643.jpg


[ 2019/03/26 14:53 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

 《 北斎展 永田コレクションの全貌公開〈序章〉 を観に島根へ 》

2月11日(月) 建国記念の日

北斎展 永田コレクションの全貌公開〈序章〉 へ

島根県立美術館・開館20周年記念展 その前期の展覧会です。

寄贈された2000点を超えるコレクションは、今後およそ10年をかけて調査して、
数回に分けてその全貌が公開されるのだそうです。

10年後?
その時まで生きているでしょうか? 観れるでしょうか?

今回はその“序章”として、永田コレクション中の主要な作品がお披露目されます。
是非とも今回観たい!

と思っていたら、浜田からは135㎞くらいある松江ですが、
「一緒に観に行くから!」
とタカシが誘ってくれたので観に行って来ました。

190212_00.jpg

190212_01.jpg

今回は担当の学芸員のかたのギャラリートークがある日を選んで観てきました。

春朗 → 宗理 → 北斎 → 戴斗 → 為一 → 画狂老人卍
と雅号を変えて行った北斎。
その雅号の変遷を感じることができる展示になっています。

今回は前期
3月6日から25日までは後期
後期では全ての作品が入れ替えられるとか。

後期も観た~い!
日帰りででも松江に行こうと計画中です♪


つぶやき
今回はトモチャンが勤務を調整してくれたので2月8日(金)~13日(水)まで、
今までと比べてノンビリとした旅になりました。

毎日温泉に連れて行ってもらい、ヨシタケコーヒも飲んできました。

あ~ぁ 命の洗濯♪
リフレッシュしてきました(^^♪


ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。

[ 2019/02/17 20:49 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

 《再発見!大阪の至宝》特別展

12日(火) 晴時々曇

【[特別展]再発見!大阪の至宝-コレクターたちが愛したたからもの】

大阪の至宝

大阪市立美術館で開催されている特別展へご近所のTさんに招待していただいて行ってきました。
http://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/osaka-shiho/

久し振りの展覧会です♪♪♪
天王寺公園は早くもクリスマスの準備の最中!

紅葉もすすんでいます。
美術館の後ろにある慶沢園(けいたくえん)を散策して
慶沢園


のんびり美術館正面へ♪♪♪
大阪の至宝


大阪にまつわる市立美術館の所蔵品を始めとして、
「阿部コレクション」
「住友グループ寄贈 安宅コレクション」
「李秉昌コレクション」
「小野コレクション」
「山口コレクション」
「前田コレクション」
「田万コレクション」
「中島小一郎氏寄贈作品」
「南木コレクション」
「田原コレクション」
「カザールコレクション」
「山本發次郎コレクション」
「泉屋博古館」
「黒川古文化研究所」
「滴翠美術館」
「藤田美術館」
「逸翁美術館」
「住友コレクション」
「豊臣秀吉ゆかりの名品」
「武藤金太氏寄贈 尾形光琳関係資料」

の数々が一堂に会するなんて・・・
こんなチャンスはなかなか無いでしょうね~~♪

膝の悪い私に付き合って、ノンビリ展覧会場を観て歩いてもらって
至福の一時を頂きました。

12月8日まで開催されています。
是非ご覧になってください。

[大阪市立美術館] Tさん感謝m(__)m

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : art・芸術・美術

[ 2013/11/13 10:52 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

 『ボストン美術館 日本美術の至宝』[大阪展]

14日(火) 晴
つぶやき

一気に夏になった感じの陽射し!
今日は日傘が必要でした。

『ボストン美術館 日本美術の至宝』[大阪展]へ
http://www.boston-nippon.jp/
ボストン美術館
ボストン美術館から里帰りしている日本の美術品達♪♪♪

少々膝の具合も悪いのですが、どうしても観に行きたくて…
ゴールデンウィークも過ぎたことだし、平日ならばゆっくり見れるだろうと出かけました。

ところが、ところが
昨年、NHKの日曜美術館でも紹介され
先日MBSのちちんぷいぷいでも紹介されたからでしょうか
会場は混みあっていて(>_<)

ボストンから来てくれたのですから観る人が多いのは喜ばしい事ではありますが
もくろみが外れて少々残念(笑)

人に押されるのが怖いので、展示されているところから少し離れての鑑賞で我慢しましたが
本物は凄いですねぇ~~

圧巻!

奈良時代の仏像や曼荼羅図を間近に観れるというのも凄いことですし

狩野派を始めとして、尾形光琳、長谷川等伯、伊藤若冲などの絵も素晴らしいですが

なんと言っても曽我蕭白のユーモラスではありますが力強い迫力の絵がずらりと並び迫ってきます!

あ~~ぁ!観れて良かった♪♪♪

[大阪市立美術館]

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。

[ 2013/05/14 22:26 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

『色鍋島・藍鍋島 漆をたのしむ 特別展』 観賞

26日(金) 晴
特別陳列『色鍋島・藍鍋島』展へ

今日はトモチャンがお休みの日♪
そして、私は昨日仕事を納めたので今日はノンビリ自分の楽しみに出かけることにいたしました。

先日ポスターを見つけて、思わず足を止めてしまった展覧会です。

特別展
鍋島 大好き♪
それにも増して漆器類 大好き♪ なのです。

場所も天王寺公園内なので近いし
見逃す手はありませんよね。

陽射しはきついけれど、天王寺公園は人もまばらで良い感じ。

の~んびりと歩いて市立美術館へ行きました。

館内は快適温度
少し暗い目で、人も程ほどに少なくて

独りですから、誰に気兼ねをすることも無く
時々休みながら 自分のペースで見て周り♪♪♪

命の洗濯をいたしました。

でも、きっとかなりの歩数歩いていたのでしょうね。
観終わったら脚がだるくて(>_<)


帰ってきたら仕事の依頼が♪
今日観に行ったのは、実に良いタイミングでした。

久し振りの美術館。また行きましょう♪♪♪

ジャンル : 日記
テーマ : ささやかな幸せ

[ 2011/08/26 20:25 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

『パリに咲いた古伊万里の華』 鑑賞

26日(日) 曇のち雨
自分へのクリスマスプレゼント♪ 


兵庫陶芸美術館で開催されている
『パリに咲いた古伊万里の華』へ!

今日東京の子供たちの所に帰る(?)アキコオバチャンですが
その前にこの展覧会を観にに行くというので私も便乗して行くことにしました。

調べてみると、立杭焼き祭で行ったことがある場所です。
辺鄙なところにある美術館だなぁ!
交通費が片道1,400円、2時間近くかかる道のりです。

おまけに交通の便も少なく、夕方の新幹線に間に合うように見るには
少なくとも我が家を8時には出かけなければなりません。

そして、観て回れるのは1時間半程!

方向音痴の私ですから、調べて、調べて!
調べたものを携帯に記録して万全の準備で…

なんとか無事に着くことができました。。。

久し振りの美術展
私の好きな古伊万里の品々

とても辺鄙なところでしたが、道中お喋りも出来たし楽しかった♪

それにしても日本に帰ってきて、連日忙しく動いているアキコオバチャンですが
私よりも開催している美術館情報など詳しく驚きます。

いつも慌しく我が家を駆け抜けて行く彼女です。
次回はゆっくりしていって欲しいものです。


晴女?
そうそう、今日は雨の予報だったので傘を持って出かけたのですが
現地は寒かったけれど晴天の良いお天気で
大阪に帰ってきたら雨模様!
藤井寺に帰りついたら雨は止んでいて

傘は使わずに済みました。

私はやっぱり晴女のようです♪♪♪




ジャンル : 日記
テーマ : ささやかな幸せ

[ 2010/12/26 22:36 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

正倉院展へ

10日(水) 晴

4年ぶりの正倉院展

JRの奈良駅に行く方が楽なことが分かり、初めてJR奈良駅に降り立ちました。

奈良はもう秋ですねぇ
紅葉を見ながら正倉院展を楽しんできました。

10時過ぎに会場に着いた時点では15分待ち!
見終わってみたら、入場の列は30分待ちになっていました。

展示場でも、今年の目玉なのでしょうか
【鈿紫檀五絃琵琶】を間近で観るためには40分待ちの状態でした。
人の列
30分待ちの人の列

奈良公園の紅葉
色づき始めたもみじ

紅葉 鹿もノンビリ

こんなに簡単に奈良に行けるのなら
時々行きたいなぁ♪♪♪

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 川柳

[ 2010/11/10 23:09 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

『ガレとジャポニズム展』 へ

蝙蝠ガレが大好きというHANAさんと、やっと行ってきました
『ガレとジャポニズム展』

そういえば4年位前になるでしょうか
ガレの展覧会に行ったときもHANAさんと一緒だったな~~
その時に展示されていた作品もいくつかあって
「これ、記憶があるね!」と言いながら楽しんできました。

久しぶりの展覧会でしたが、なんだかホッとして
ニコニコしている自分がいました♪

HANAさん 又付き合ってくださいね。。。

Read More

[ 2008/07/09 22:47 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

『美の求道者・安宅英一(あたかえいいち)の眼 - 安宅コレクション』鑑賞

久し振りに美術館へ♪

昨日映画の前に東洋陶磁美術館に行きました。

早いものですね~
東洋陶磁美術館が出来てもう25年も経つのだそうです。

25周年記念の
「美の求道者・安宅英一(あたかえいいち)の眼 - 安宅コレクション」
を鑑賞してきました。

今回はコレクションの収集に携わった伊藤郁太郎(現・東洋陶磁美術館館長)の
それぞれの作品にまつわるエピソードが紹介されていて、
また違った視点で興味深く見てきました。

昔々、まだ大阪になじめなくて、出掛けられるところといったら美術館!
東洋陶磁美術館も出来て直ぐに訪れたことを思い出しながら・・・

あの頃は平日だと人もまばらで、ゆっくりノンビリと鑑賞したものですが
今回は平日にも拘わらず人が多くてびっくりです。

それでも久々にノンビリとゆったりした時間を過ごしました。
時々は、本物の美しいものを見なくちゃね♪

[ 2007/09/21 14:23 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

『伊藤真乗の目と手』展

昨日、映画を一本観た後に見に行きました。
初めて1人で地下鉄、ニュートラムと乗り継いで
トレードセンター前までいくことが出来ました。←子供じゃあるまいし(笑)
伊藤真乗
伊藤真乗展 - 生誕100年記念 「伊藤真乗の目と手」展

私を可愛がってくださる義叔母が信心している仏教教団・真如苑の開祖である、伊藤真乗作の仏像や写真等の展覧会です。

真言宗醍醐派総本山、京都の醍醐寺で修行して、大阿闍梨となった方なのだそうですが
宗教家としての活動だけでなく、芸術家としても作品を沢山残しておられます。

どのように時間を使ったら、こんな凄い事が出来るのでしょう
天は、才能のある人には二物も三物も与えるもののようです。
同じように1日24時間与えられているとは思えない(笑)

[ATCミュージアム]


Read More

タグ : 伊藤真乗の目と手 醍醐寺

[ 2007/03/01 12:42 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(0)

『夢の美術館 大阪コレクションズ』 鑑賞

国立国際美術館に初めて行きました。
国立国際美術館
なんだかへんてこりんな建物です(笑)

案内の葉書今開催しているのは
『ピカソの版画と陶芸』
『夢の美術館 大阪コレクションズ』

国立国際美術館
サントリーミュージアム
そして大阪市立近代美術館建設準備室
この三つの美術館所蔵の作品を展示しています。

私はモディリアーニの作品を見たかったのですが、一点だけでした。

近代美術館建設準備室の物も多くて・・・
近代美術の作品は、感性が合わないと「へ~~!」って感じで
今ひとつ良さが分からない

でも、美術品を見ると、なんだか豊かになった気分がして、良いものです。




Read More

[ 2007/01/29 22:12 ] 美術展、展覧会 | TB(0) | CM(2)