FC2ブログ

♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》
月別アーカイブ  [ 2006年03月 ] 

≪ prev |  2006年03月  | next ≫

明日の朝から

次男が宿舎へと引越しをいたします。
冷蔵庫と、洗濯機を業者に頼んで、あとは自分の車で運ぶのだそうです。

借りている家を、急に出なくてはならなくなったので
掃除をする暇も無いだろうと思い、行ってやりたくなりました。

今まで、何事も自分でやってきたタカシは
『来なくても大丈夫!』と言うのですが
そこは母心 行かねば!と決心。←大袈裟な(笑)

と言う訳で、明日(もう今朝ですね)の早朝から、3日まで松江に行ってきます。

帰ってきたら、次の日から、義母たちが来阪!
しばらくは、コメントのチェックもできないかもしれませんが
悪しからず、お許しを♪
スポンサーサイト



[ 2006/03/31 00:19 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

『プロデューサーズ』 再度 鑑賞(試写会)

【The Producers】 ミュージカルです♪
★★★★★★★☆☆☆
poster公式サイト

監督:スーザン・ストローマン
出演:ネイサン・レイン
   マシュー・ブロデリック
   ユマ・サーマン
   ウィル・フェレル  他
先日、睡魔に襲われた映画です。
今日も寝てしまうかなと思ったのですが、いやいや大丈夫でした。
そして面白かった~~♪

今日の試写会の観客は、凄かった!
この映画を見るのに、とてもふさわしい人たちばっかりだったのでしょう。
ちょっと面白い場面が出てくると、笑い声が沸き起こり
エンディングの後は、拍手と『ブラボー』と言う歓声が沸きました。

まるで、ブロードウェイを見ているような…って、経験は無いけれど(笑)
そんな雰囲気の中で見ると、とても楽しく見ることができました。

いやー、音響と画面、そして観客が三位一体となって見る映画は
素晴らしいと感じた試写会でした。


[厚生年金会館芸術ホール]

ミュージカル発表会

060330.jpg

今日は私の仕事のボスのお嬢さんR子ちゃんの発表会でした。
今回も、可愛いコメントをくれました。

前回までは、なんだかちょっぴり遠慮がちな演技だったのですが
今回は、歌もダンスも演技も気合が入っていました。

まだ幼稚園に入る前から知っていて、成長を見てきた私には
孫のような感覚もあって、今日は観ていて涙が出てきました。

彼女は、『赤毛のアン』の一次審査に合格したそうで、
オーディションを受けに東京に行きます。

凄いプレッシャーだと思いますが、女優になりたいと思っているのですから、
そのプレッシャーに負けずに頑張ってきてほしいです。
彼女の実力が出せるように祈るばかりです。

ガンバレーー!!

[ 2006/03/30 22:24 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(0)

『タイフーン』 鑑賞(試写会)

★★★★★★★☆☆☆
poster


見てきたのですが、ゆっくり日記を書く暇がありません。

とても見ごたえのある映画でした。
でも、二回は見たくないかな(笑)

とだけ述べさせていただきます。
いずれまた、書き添えます。

大阪土産は?

大阪土産といったら、昆布!

ということで、今回の義母達の来阪で、
いろいろお世話になっているけめこさんから教えていただきました。

空堀商店街にある「美味しんぼ」にも出てくる昆布の店『昆布の土居』

今までも、小倉屋山本のえびすめ そして神宗の山椒昆布と
義母からの注文もあり、昆布を大阪土産に使っていたのですが
新たな大阪の昆布屋さんです。(あくまでも私にとってです)

ここは、昆布はもちろんの事、薄味の昆布や、粉末の昆布、
そして私の大好きなおぼろ昆布も量り売りしてくれます♪
↓は けめこさんお奨めの『昆布の粉末』 と 『しっとりふりかけ』
昆布の土居


まだまだいろんなお店を教えて下さっていたのですが
今日は、時間の都合もあり、ゆっくり見たのは『昆布の土居』だけになりましたが
ノンビリ歩いてみたい商店街です。 いつかまた、行こう♪

けめこさん、ありがとうございました。


Read More

[ 2006/03/29 23:37 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

春の嵐

(月)(火)と休みを取っていた次男のタカシが松江に帰りました。
下道を通って、道の駅を楽しみながら帰るそうです。

というのに、雷を伴った凄い雨!!!

気をつけて帰ってね♪


四月には引越しだそうです。
今よりも狭くなるけれど、家賃はと~っても安くなるそうです。
これで、とうとう松江の人になりますね~~♪

母としては複雑な心境・・・
と言いたいのですが、特別な感慨もなく、可愛気の無い母親です(笑)
主人は、ちょっぴり寂しそう!かな?

Read More

[ 2006/03/28 16:47 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

『小さき勇者たち GAMERA』 鑑賞(試写会) 

ガメラ誕生40周年記念作品♪
★★★★★☆☆☆☆☆
小さき勇者たち公式サイト

監督:田崎竜太
特撮演出:金子功
出演:富岡涼
   津田寛治
   夏帆
   寺島進 他

ガメラは少年のために。
少年はガメラのために。

美しい海辺が広がる伊勢志摩地方。
事故で母を失った相沢透は、海辺で、赤い石の上に乗った小さな卵を見つける。
手に取ろうとした瞬間、ひびが入り、中から小さな亀が誕生した。
透はその亀を「トト」と名づけてかわいがり、母のいない寂しさを紛らわせた。
透の父・孝介は、家で食堂を経営しているため、一切のペットを禁じていた。
透は孝介の目に触れぬよう、トトを隠した。
そのとき、トトが突然空中に浮かび上がった。


☆ガメラ3 「邪神<イリス>覚醒」から33年後のお話として描かれています。
でも、しっかりお子様向きの映画になっていたので、ガメラファンの私としては、少々残念かな?

突っ込みどころ満載!
でも、どうぞその辺は目をつぶって、童心に帰ってガメラに接してください。
でないと、つまんない映画になっちゃいます。

まあ、私としては富岡涼君が主演なので、色んな事は許しましょう。(笑)


[リサイタルホール] Nさん 感謝♪

黒豆ご飯

24日の日記で美味しいと書いた“丹波黒の炒り豆”
これを入れてご飯を炊いたら美味しいのだそうです。
と言う事で、今晩は黒豆ご飯!

でも ヤバイ!止まらなくなって食べた黒豆。。。
あと少ししか残っていない!
一寸豆が少ないかもです。 でも、物は試しで炊いてみました。
黒豆ご飯ほのかに、ご飯が紫色になっています
それがまた美味しそう♪
この“炒り豆”は塩味がしていたので
ご飯に塩は入れず、
ただ“炒り豆”を入れて炊いただけ。

香ばしくて、美味しかったです。

タカシ君、“丹波黒の炒り豆” また買ってきて~~♪
↑ おねだりの時は、君づけ(笑)

[ 2006/03/26 23:17 ] グルメ!? | TB(0) | CM(4)

車椅子

22日の日記にも書きましたが
試写会つながりで友人になったHANAさんから
車椅子を貸していただく事になりました。

貸していただいた車いす現在、施設に行っておられるお祖母様の車椅子です。
私が、車椅子をレンタルしようとしている事を知って
『しばらく使わないから』と、申し出てくださいました。。

今日は、その車イスを預かりに行ってきました。

私は、一人で、そして もちろん電車を使って受け取りに行くつもりでしたが
HANAさんのお母様が、それをとても心配してくださいました。
それで、ちょうど帰省しているタカシと一緒に伺う事に致しました。

14:00に近くの最寄の駅で待ち合わせ♪

方向音痴の私も、息子と一緒だったので、
ちゃんと目的の場所に着く事ができましたよー。って当たり前か(笑)

私は、玄関先で失礼して、車イスを貸していただくつもりにしていたのに
「どうぞ」とお部屋に招き入れてくださって 
(図々しいので直ぐその気に!)
ビ○メールのケーキとコーヒーまで頂戴してしまいました。

彼女の家は、3階建て、エレベーターもある素敵なお家♪
もちろん、息子と二人でエレベーターにも乗ってきました。。

車イスをお借りして、押して梅田まで出ました。
JRの改札の具合や、エレベーターの場所など確認しながら
無事に我家まで運ぶ事ができました。

これで、義母が何時来ても、何処にでも安心して案内できます♪

HANAさん、お母様、本当にありがとう!

お礼は、いつかきっと、タカシの出世払いで!!!

[ 2006/03/26 09:24 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

次男の帰省

義母達の来阪は、最初3月末のはずだったので、
それにあわせて休みを取っていたタカシが帰省しました。

今回は、途中の鳥取で買った カレイの土産を携えて。。。
ベランスカレイ とやら言うカレイなのだそうです。

早速夕食の食卓に乗りましたが
また写真を撮るのを忘れました(>_<)

孫の離乳食にも使えそうなので
長男の家にもおすそ分けする事にしたカレイの煮つけを、撮りましたが
器にも盛っていない、運搬用のバットに入れたままの姿です(笑)
060325_000.jpg
  一尾の大きさは、約25cm位
  酒、味醂、醤油だけで、アッサリ煮付けました。
  気のせいか、こちらで買う物よりも、断然美味しいです。


ご馳走様でした♪


Read More

[ 2006/03/25 10:59 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(0)

花粉症でも、マスクは嫌!

約20年前から、イネ科の雑草の花粉症と言われてきましたが
今年はとうとう、スギもデビューしてしまいました。
マスクをしたら、楽なのは分かっちゃいるんだけれど、息苦しいわ、眼鏡が曇るわ・・・

だから、嫌なんです!マスク!

去年、フ○キラーから鼻腔に塗って、ハウスダストをシャットする薬が出たと聞いて
薬局に走ったのですが、売切れ!
去年の私の花粉の時期は、どういう訳か売り切れてばっかりだったんです。

花粉の時期を過ぎたら、その薬の事はすっかり忘れてしまっておりました。

そして、今年のスギの季節!
思い出して、薬屋へ行ったけれど、またもや売切れ!

そんな折に、ランチ(義娘)が
「鼻腔に塗るア○ルシャットというのを使ったら、調子が良いんです♪」
と言うのです。
先を越された~~!!!(笑)

「去年から、ほしいと思っているけれど、いつも売り切れなの」と伝えたら
なんと、探して買い求めて、プレゼントしてくれたんですヽ(^o^)丿

綿棒で鼻腔の入り口1?位に塗るだけなんですが
不思議や不思議!
鼻のムズムズ感がないのです。

「悪魔の住む家」や「エミリー・ローズ」の恐怖の時間と同じ頃
いつも襲われていた “出初めたら止まらない、くしゃみの連発”
それが、なっない。。。

時折鼻水は出るんですけどね、それくらいは ナンノソノ でございます。

花粉症でお悩みの、そしてマスクが嫌いな皆様、一度お試しあれ♪

ランチも申しておりましたが
「フ○キラーのまわしもんではありません」(笑)

最初は上品に綿棒で塗っておりましたが、この頃は指につけてエイヤッと塗っております。
ますます鼻の穴が上を向いて広がりそうです。

Read More

[ 2006/03/24 23:14 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

『アンジェラ』 鑑賞(試写会)

【Angel-A】 リュック・ベッソンの監督作品です
★★★★★☆☆☆☆☆ 
(画像が見つかりません)

監督・脚本:リュック・ベッソン
  出演 :ジャメル・ドゥブーズ
      リエ・ラスムッセン
      ジルベール・メルキ 
      セルジュ・リアブキン 他

決して「エンディングの秘密」を明かさないでください。
と リュック・ベッソン は言うのですが
この映画に限らず、それは映画を見るものにとっては
エチケット、マナーでしょう!!! なにを今さら。。。

この映画、テーマは 純粋な愛 だそうですが
それにしては、ちっともロマンチックではないのです。

また主人公のアンドレが、シャキッとしないうじうじと煮え切らない男で
見ていて苛々してきます。

感情移入できなかった私は、なんだか取り残されたような落ち着かない感じで見てしまいました。

う~~ん フランス映画は、今ひとつテンポに乗れない!
苦手なのかな~~???

[梅田ピカデリー] づみ、Nさん感謝♪

Read More

人の親切が身に沁みる!

今回の義母達の来阪には、
本当に沢山の皆様の応援を頂戴しています。

Kさんからは、コメントを頂くというだけのつながりなのに、
『(ご両親が)宿泊ホテルの近くでお食事の店をしているので、
お弁当を用意しましょうか?』 と有難いお申し出を頂きました。

高齢でしかも沢山の病気を抱え
医者から生ものを食べる事を禁止されている義母のためには
とても有難いことです。

普段は仕出などしておられないのに、特別に用意してくださり
それを、ご子息がホテルまで届けてくださるそうなのです。

HANAさんからは。車椅子を貸して頂く事になりました。
椅子の受け渡しまで心配してくださっています。
ホテルのネット予約のし方も教えてもらいました。
グルメの彼女は、食事の事も心配して、いろいろ教えてくださいます。

そして頼りない私を強力にバックアップしてくれる づみとランチ

他にも様々応援し、励ましてくれる友人たち・・・

皆様のお気持ち分が、プラスアルファとなって
とても素敵な大阪を体験してもらえそうです。

そんな ご親切が嬉しくて、身に沁みます。
今、私はとてもいい顔をしているとおもいます♪♪♪

本当にありがとうございますm(__)m
[ 2006/03/22 11:56 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

久しぶりの USJ ! 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは5周年!
そして、今日から子供たちは 春休み??
11時前にパークインしたけれど 何処もかしこも、人 人 人 人 ・・・
一人で来ていたら、きっと入場しないで帰ってるな。。。

今日は、いつもお世話になっている (と言っても、私よりは随分と若い) HANAさんと一緒♪
彼女は年こそ若いけれど、私にはお姉様のような存在!
色んな事を相談に乗ってもらっているのです。。。 
今日も宜しくね~~~♪
060321_000.jpg  入場ゲートを入って直ぐの所に、
  でっかいバースディケーキが!!!

  皆がその前で写真を撮るので、
  人の頭が入らないように映すのは結構大変でした(笑)
  う~~ケーキ食べたい♪


今日から5周年記念のピンバッジをもらうことができて
トレーディングもできるのだそうです。
でも、ピンバッジをもらうのに 90分待ち!?!?
そんなのやってられませ~ん!

『入り口で配れば良いのに!』と言いつつ
まずは、今日の目的の
ハッピー・ハーモニー・セレブレーション~5周年スペシャル~へ♪
キティちゃん シュレック セサミ スヌーピー

友人が手を伸ばして、撮影してくれました。
シュレックと狼さんは、ダンスの途中で疲れたのか動きが鈍くなって(笑)
それが又可愛かった♪

「人が多いときは、ライド系は止めよう」 と話して
先ずはとりあえず、腹ごしらえ と思っても

レストランは勿論、スナック系の物を買うのも長蛇の列!
HANAさんが、身軽に動いて、昼食も買いに行ってくれたので

私はベンチに腰掛け、久しぶりにノーンビリと
人の流れをボンヤリ眺めておりました(笑)

その後は、ウォーターワールドと
ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショーを見て

元ちとせさんのライブまで一休み!

ここでも、食べ物を買うまで長蛇の列

タイミング良く座れたので、コーヒーを飲みながら
いい感じでお喋りをしたのが運のつき…(>_<)

なんとなんと、ライブを聴こうと外に出たら
丁度終わったところだったのです。

それにしても、30分もないライブって短すぎません?

90分が60分待ちになっていたピンバッジをもらう列に並び GET!
友人に少々のお土産を買い
USJを後にしましたが、久しぶりのお祭りといった感じで楽しかったです。
良く歩き、良くお喋りをした一日でした♪

私の愚痴話に付き合ってくださった HANAさん、ありがとうm(__)m

[ 2006/03/21 22:56 ] ライブ・イベント | TB(0) | CM(2)

『プロデューサーズ』 鑑賞(試写会)

【The Producers】 ミュージカルです♪
poster公式サイト

監督:スーザン・ストローマン
出演:ネイサン・レイン
   マシュー・ブロデリック
   ユマ・サーマン
   ウィル・フェレル  他

<最低>のはずが、<最高>の傑作に―
それはブロードウェイの神様のイタズラ。

トニー賞12部門、史上最多受賞のブロードウェイミュージカルが
完全映画化!!


前の日記にも書きましたが
ドッと疲れが出たのか、心地よい音楽に
耳は聞こえているけれど、瞼が重くて…
聞こえても、英語は理解できません(>_<)

でも、ブロードウェイミュージカルの雰囲気は
十分に堪能してきました。


[リサイタルホール] Mさん感謝♪

ホッとしたら ドッと

昨日の日記にも書きましたが、
4月に87歳の姑と、81歳の叔母、そしてイギリスから帰国している主人の妹が来るのです。

梅田にホテルを取っていたのですが
なぜだか主人が不機嫌?
とうとう、今朝ぽつりと『おかあさんが来ても、花見も出来ないんやな!』
はき捨てるように行って、私の前から姿を消しました。

タクシーを使うなり、車椅子でも近くならば、花見くらい行けると思うのですが…
ホテルで食事ができないのも気に入らないようなのです。

それで、もう一度ネット検索いたしましたら
なんと、キャンセルが出たのでしょうか
大阪城の前のホテルが ダブルの部屋 ではありますが
取れそうではありませんか。。。

そこで、一度ホテルに電話をして、
ネットで予約した場合、その人数だけしか泊れないのか?
最大何人まで追加でその部屋に泊れるのか?等々聞いたのです。

ネットで予約の部屋でも、一人分ずつベッドを増やす事が出来るとの事。
それなら、何とか泊れそうなんです。

意外とあかんたれの私!(意外とではないかも(笑))
主人は全く当てにならないので、義娘に電話をして
意見を聞き、後押しをしてもらって

とうとう、ネットで予約しました。(初体験!)

主人の機嫌もすっかり直り
ホテルに直接確認に行くことにした私に珍しく
『御苦労様!』と一言ありました(←めったに聞ける言葉ではありません)


2日目が ダブルの部屋 しか取れなかったので
チョット窮屈かも知れませんが、何とかなるでしょう。
1日目と3日目は、スイートもとることが出来ました。
ダブルの部屋も、城側の部屋にしてくれました。

本当は広い和室が良かったのですが
このホテルは和室も2人が原則、増やしても3人まで
スイートなら4人まで泊れるということだったので
スイートをとりました。
4人で泊ればスイートも割安感があります。


息子とレストランにも行ったのですが
思わず「お~~」と声が出るほど、景観がよくて
これなら、ホテルから一歩もでなくても、お花見ができる♪
ここの部屋がとれて良かったと、しみじみ思いました。

いろいろ教えてくださった皆様
車椅子を貸してくださると申し出てくださったHさん
そして、手助けをしてくれた息子夫婦
本当にありがとうございました。

ホッとしたら、ドッと疲れが出て
今日の試写会は瞼が重い!重い!
音は聞こえていたんですけど(笑)
[ 2006/03/20 23:37 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

花より団子 古潭のラーメン

大阪城公園の桜♪とキアヌ・リーブスも食べたという
梅田・泉の広場近くの古潭のラーメン♪
桜? さくら

 味噌味 メニュー

春はもうそこまで来ています♪
【花】
大阪城公園の日当たりのよい場所では、こんなに咲いていました。
良く見かける桜の花よりは、少し花弁が小さいような気もするのですが…桜ですよね???

【団子】
大阪梅田の地下、泉の広場の近くにある古潭のラーメンです。
ここは、来阪したキアヌ・リーブスが食べに行ったそうで
座った座席の後には、彼の写真が貼ってありました。
初めて頂きましたが、麺が太くて、濃厚で美味しかったです。


Read More

[ 2006/03/19 13:37 ] グルメ!? | TB(0) | CM(8)

『ファイヤーウォール』 鑑賞(試写会)

【FIREWALL】  ハリソン君 強い!強い!
★★★★★★★☆☆☆
poster公式サイト

監督:リチャード・ロンクレイン
出演:ハリソン・フォード
   ポール・ベタニー
   ヴァージニア・マドセン
   メアリー・リン・ライスカブ   他

コンピューター・セキュリティ
最大の弱点は、それをつくって人間

男の名は、ジャック・スタンフィールド。
銀行のコンピューター・セキュリティ・システムの専門家だ。
彼が作ったセキュリティ・システムは、業界で最高、最強の防衛力を誇っている。
しかし、そこには彼自身も気づいていない弱点があった。
その弱点に目を付けた強盗グループは、かれの個人情報のあらゆる部分に侵入し、彼の人生を完全に支配してしまう。
家族、プライバシー、自由、未来。
たしかなものと信じていたすべてを奪われた男が受けた命令は、
自らが守るべき銀行のセキュリティシステムに侵入し、金融資産を強奪する事。
現代ネットワーク社会の盲点をついた、最新の銀行強盗の手口
―要塞のようなセキュリティ・システムの弱点、
それは、設計者の男自身だったのだ。―
退路を断たれた男は、全人生を賭して、自ら作り上げた最高レベルのファイヤーウォールに挑むことになる―  〔チラシより抜粋〕


☆ハリソン・フォード演じるジャック・スタンフィールドは
「24」のジャック・バウワー顔負けの活躍をします。
緻密な計画を実行している犯人と、セキュリティーの専門家の頭脳合戦かと思いきや
危機に直面して、家族を守る男の物語です。
緻密な計画を実行に移している犯人のはずなのに???
と思ったりするところもありますが
テンポも良く、娯楽作品としては楽しめます。
とにもかくにも63歳のハリソン君の活躍ぶりを御期待ください♪


[リサイタルホール] Hさん感謝♪

『デュエリスト』 鑑賞(試写会)

【DUELIST】 ごめんなさい…睡魔との戦いでした(>_<)
★★★★★☆☆☆☆☆
デュエリスト公式サイト

監督:イ・ミョンセ
出演:カン・ドンウォン
   ハ・ジウォン
   アン・ソンギ
   ソン・ヨンチャン 他

その美しき闘がすべての映像を凌駕する!

職務に情熱を注ぐ若き女刑事が、捜査中に出会った悲しい目をした刺客。
この世のものとは思えないほど美しく鋭い剣さばきで、
男は一閃のうちに相手を倒しては風のように去っていく。
だが、男の目が女の心をとらえて離さない――。〔プレスシートより抜粋〕

赤と黒、光と影 を基調とした、とにかく美しい映像です。
原作はコミックスだそうですが
映画もコミックスのカット割りを意識しているような感じ!
監督はストーリーよりも『こんな映像を撮りたかったのさ!』と思ったのではないかしら(笑)

殺陣とハ・ジウォンの叫び声が印象的な映画でした。
(かなりウルサイ!と思ったのは睡魔のせいでしょうか??)

今日は、大阪に向かう電車の中で、すでに眠気が襲いかかっておりました。
ヤバイ!
案の定、途中から睡魔との闘いとなりました。
それでも度々ハ・ジウォンの叫び声で、目が覚めます(笑)

ストーリーは欠けていないと思うのですが…?!?
念のために、もう一度観ようかな~~♪


[梅田ピカデリー3] Nさん感謝♪ kさんにもお世話になりました♪

『クラッシュ』 鑑賞

【Crash】hiropooさんお勧めの映画です♪
★★★★★★★☆☆☆
poster公式サイト

監督:ポール・ハギス
出演:サンドラ・ブロック
   マット・ディロン
   ブレンダン・フレイザー
   ドン・チードル
   ジェニファー・エスポジト  他豪華キャスト

怒り、哀しみ、憎しみ、喜び―
人の“こころ”の断面図を鮮烈に描く、感動のヒューマンドラマ誕生

ロサンゼルス、24時──。
ハイウェイで起こった一件の自動車事故が、思いもよらない"衝突"の連鎖反応を生み出し、さまざまな人々の運命を狂わせていく...。
刑事たち、自動車強盗、地方検事とその妻、TVディレクター、鍵屋とその娘、病院の受付嬢、雑貨屋の主人──。
さまざまな階層の、さまざまな人種の彼らは、予想もしない角度で交錯しながら、愛を交わし、憎しみをぶつけ合い、哀しみの淵に立たされる。
神の見えざる手によって人生を翻弄される人間たち。…
     〔CINEMA TOPICS ONLINEの記事より抜粋〕

☆新種差別、人間差別をあからさまに描いて、
人間の持つ光と影、裏と表と側面と、本音と建前 を嫌というほど見せ付けます。
現在のアメリカは、こんな世界なのだろうなと、腹立たしくも、哀しくも、切なくもあり、
問題をいっぱい提示していて、考えさせられる映画です。
それでもすごく面白く感じて、お勧め!と思っていたのですが…

一緒に見た友人が見終わった途端に
『この映画駄目!この描き方は許されへん!』と怒りの一言!

『人種差別を増長させる描き方!』
『偏見など持っていないよ、と嘯いている白人の目線で描かれている!』
というのです。

いつも物事を深く考えずに、表面だけをとらえ、感じている私には
胸に突き刺さる言葉でした。

それでも、やっぱり面白かったな~~♪


[ナビオTOHOプレックス シアター4]

『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』 鑑賞

【WALK THE LINE】 この作品も実話です♪
★★★★★★★☆☆☆
poster公式サイト

監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ホアキン・フェニックス
   リーズ・ウィザースプーン
   ジニファー・グッドウィン
   ロバートパトリック  他

型破りなラブストーリー
これは真実の物語

1950年代、エルヴィス・プレスリーらと共に、
ロカビリーの黄金時代を築き上げたジョニー・キャッシュ。
トレードマークの黒いシャツに反逆児のイメージをみなぎらせ、
虐げられた者たちの心の叫びを歌いあげた彼は、
ボブ・ディランやブルース・スプリングスティーンの先駆的なアーティストとして
死後2年を経たいまもカリスマ的な人気を誇っている。
本作は、そんな伝説のミュージシャン、ジョニー・キャッシュと、
運命の女性ジューン・カーターとの
10数年におよぶドラマチックな愛の軌跡をみつめた物語。   〔チラシより抜粋〕


☆最近実話ものの映画が多いですね。
ジョニー・キャッシュを演じたホアキン・フェニックスも
ジューン・カーターを演じたリーズ・ウィザースプーンも
どちらも吹替え無しで、実際に歌っているのだそうです。

ミュージシャンのお話だけに、歌のシーンは多いのですが
なかなか上手くて、素敵です。
観客となって一緒に歌を聴いている感じになりました。

リーズ・ウィザースプーンはコメディに出ている作品しか知らなかったのですが
イメージと違って好演しています。とても新鮮♪

彼女がアカデミーの主演女優賞を取ったというのに
レディースデイの今日も、劇場は半分ほどの入りしかなくて
ちょっぴり残念な感じでした。

[心斎橋パラダイススクエア]

しばらく のラーメン

難波に出来たヤマダ電機に行く前に
“なんばパークスの麺だらけ2”で腹ごしらえしたラーメン???…
って、あまりにお腹がすいていたので
写真を撮っていなかった事に気づいたのは、全て食べてから(笑)
という訳で、画像↓は名残の汁だけですm(__)m
汁だけ  麺だらけ デザート
                         なんばパークスの麺だらけ2
麺だらけの隣では『デザート・オブ・ザ・イヤー』も開催されていました。
うーー美味しそうなものがいっぱいだった~~♪

“しばらく” は博多ラーメン!
私の故郷、しかも生まれ育った町にあります。
初めは屋台のラーメン屋さんだったそうですが
店舗も出来て(大昔の話です)
それが小学校の通学路の途中にありました。

とんこつを煮る匂いがいつもお店の前に漂っていて
幼い頃アッサリしたものしか食べれなかった私は
その匂いが嫌で、走って通り抜けておりました。

という事で、故郷を遠く離れて、しかもこの歳になって
初めて “しばらく” のラーメンを食べました。

昔々の話ですが、お店に入ったら大将が、
ものすご~い低音の声で

『しばらく!』

といってラーメンを出してくれると、兄が話していたのを思い出しました(笑)
[ 2006/03/14 19:05 ] グルメ!? | TB(0) | CM(2)

YAMADA LABI NAMBA

今月10日 難波にヤマダ電機(YAMADA LABI NAMBA)がオープンしました。
何にでも興味を持つ私は、ラジカセを探している事もあり
早速出かけました。
YAMADA LABI NAMBA   3月31日まで有効

野次馬ではあるけれど、からきし度胸のない私は、またしても息子に助けを求め
同行してもらって  いざ!難波へ!

地下1階から4階までが店舗です。
かなりひろ~いフロアーに、商品が並んでいます。

実は探していたラジカセが在庫の中にはなかったので
ちょっとガッカリした私の偏見もあるでしょうが(笑)

開店して5日目になるからでしょうか、お客さんはあまり多くなくて
どちらかというと閑散と(そこまではないかな?)した感じです。
警備員の姿が目立って、店員もなんだかボ~ッとしている人もいて
今ひとつ物足りない感じ!
野次馬として出かけたのに燃える事ができません(>_<)

それでもポイントカードを作って、割引券を貰ってきました。
だけど3月31日までしか使えないんだって!欲しい方がおられたら差し上げますよ~~

ポイントカードは、スロットマシーンみたいなのに差し込むと
100点~(上はいくらだったかな?)ポイントをもらえるそうで
早速試して100点貰ってきました。

梅田までシャトルバスが往復しているというのでそれに乗って見ようとしたのですが
バスがなかなか来なくて、寒さの中20分程待つことに…
寒がりの息子は、震え上がっておりました。
それでも頑張って、待って、待って、待ちました。
シャトルバスで無事梅田まで帰って来ましたよ♪

息子よ!おつき合いありがとう♪
お疲れ様でしたm(__)m
[ 2006/03/14 18:53 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(0)

余寒お見舞い申し上げます

春うらら から 急に寒くなりました
このような立春を過ぎてからの寒さを 余寒 と言うのだそうです。

夏の暑さが残るのを残暑といいますが
残寒とは言いませんものね。。。

日本語は難しいけれど、趣のある言葉が多いので、大切に守りたいものです。

さて、友人の結婚式のために帰省していた次男が、この寒さの中 島根に帰りました。
先程「無事着いた!」と連絡があったのですが
松江は雪が積もっているそうです。

道中もず~~っと雪だったそうで
『一緒に来ればよかったね♪』と言ってくれました。
私が子供のように、雪を見たら喜ぶのを知っているのです。

あ~~残念♪
又の機会を楽しみにいたしましょう。。。

皆様も、風邪など召されませんように ご自愛ください。
[ 2006/03/13 23:22 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(2)

『スピリット』 鑑賞(試写会)

【霍元甲】 実在の格闘家フォ・ユァンジア(霍元甲)の人生♪
★★★★★★★★☆☆

霍元甲公式サイト

監督:ロニー・ユー
出演:ジェット・リー
   中村獅童
   原田眞人
   サイネン・ジョーンズ
   コリン・チョウ  他
   

☆キャッチコピー☆
世界よこれが俺たちの勝ち方だ。

1910年、上海で開催された史上初の異種格闘技戦
次々に送り込まれる欧米列強の刺客を相手に、ひとり死力を尽くして闘う男がいた。
かつて、天津一の格闘家ともてはやされ、最強の名をほしいままにした男は
その傲慢さゆえに地獄のどん底へと突き落とされた。
家族の惨殺、剥ぎ取られた栄光、おちぶれ果て、身も心もボロボロになった男が、
なおも立ち上がり、死ぬかもしれない闘いに、一歩も引くことなく突き進むのは何故なのか?
亡き母と幼い娘に誓った新たな闘いの境地とは?  〔チラシより抜粋〕

SPIRITは、武侠の魂!
実在の格闘家霍元甲の人生を描きます。

友人が『久々に面白い映画を見た』と言ってたので、ついつい期待!
『期待しすぎるとヤバいぞ!』と思ったのですが
いや~なんのなんの、言葉通り面白かったです♪♪

幼い頃の霍元甲を演じている子役が又可愛らしい♪

カンフーアクションばかりの映画かとおもいきや
美しい風景や、人とのふれあい等々も魅力的に描かれています。

それでも映画は人それぞれですねー
『長かった~~!』という声もちらほら…
一緒に観た友人とは『あっという間に終わったね』と話したばかりだったのに(笑)

日本ではジェイ・チョウの主題歌が差し替えになって物議をかもしています。
エンディングテーマ曲は HIGHandMIGHTY COLOR「罪」

私もジェイ・チョウの主題歌を聞きたかった!

[よみうり文化ホール]

『Windows 5000』 鑑賞

ヨーロッパ企画の第20回公演です。
Windows5000ヨーロッパ企画

作・演出:上田誠
出演:石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成
   中川晴樹 永野宗典 西村直子 本多力 松田暢子
   山脇唯 / 中西武教(ジュース)


最近引っ越したせいか不動産とか物件にまつわる話をやってみたくなり、集合住宅の話にしました。近未来SFです。世の中の人はもっと間取りとかレイアウトに目を向けるべきです。そんなメッセージを言外に込めつつお届けするので行間から汲み取ってください。これまででいちばんの野心作になるなあなどと話しています。(上田誠)     〔HPのコメントより〕


昨日のことですが
去年の『サマータイムマシンブルース』が面白くて
今年も見に行きました。

アイデアとしては面白いのですが、なんだか今ひとつ!
上田誠さんのコメントによると、行間を読まねばならぬ のですが
今ひとつ読みきれていません(>_<)

ただ漫画を立ち読みして見たような印象です。

舞台は一場なのですが、今回は幕あいが多すぎて
幕が開いても、特に際立った変化があるわけでもなく、同じ様なテンションで、
なんだかな~~

決して面白くなかったわけではなく、
見に行って良かったとは思うのですが…
期待が大きすぎました。

次回作に期待します♪

[ART COMPLEX 1928] (京都です)

Read More

[ 2006/03/07 01:56 ] ライブ・イベント | TB(0) | CM(0)

『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』 鑑賞(試写会)

映画覚書は「は行」にいたします
★★★★★☆☆☆☆☆
北斗の拳公式サイト
監督:今村隆寛
原作:武論尊 / 原哲夫
キャラクターデザイン:北条司
声の出演: 宇梶剛士 阿部寛 柴咲コウ 他

それは、神の拳を継ぐ者たちの、壮絶なる宿命の物語

世界大戦後の荒廃した近未来。
そこは国家も社会秩序も崩れ去り、混沌と狂気が支配する暴力の荒野と化していた。
そんな中に救世主として人々に希望の光をもたらす一人の男が現れる。
彼こそ千八百年もの長きに渡り一子相伝によって密かに伝えられた究極の暗殺拳“北斗神拳”
…人体の経絡秘孔に衝撃を与えることにより肉体の内部から破壊することを極意とする地上最強の必殺拳…
その正統伝承者=ケンシロウであった。〔チラシより抜粋〕

現在も週刊コミックバンチで続編が連載中の
ご存知『アーチョチョチョチョーッ! アタタタタタ! お前はもう死んでいる!』
(↑ケンシロウファンの方ゴメンナサイm(__)m
息子達から、「間違っている!」と指摘されました。知ったかぶりで御免なさい!)
の「北斗の拳」の映画化です。
ケンシロウの阿部寛も レイナの柴咲コウも良い感じでした。

「北斗の拳」のファンの人には、はしょりすぎて物足りないのかもしれませんが
あまり詳しい内容を知らないわたしには、
イントロとしてその世界の状況を説明してくれて
それから話が始まるので、分かり易くてよかったですよ~♪

覇権争いの話ですが、子供の未来を見つめる愛に溢れる映画です。


[リサイタルホール]

Read More

『マインドハンター』 鑑賞

【MINDHUNTER】 サイコロジカルスリラー!
★★★★★★★☆☆☆
poster公式サイト

監督:レニー・ハーリン
キャスト
LLクールJ クリスチャン・スレイター キャサリン・モリス
ヴァル・キルマー クリスチャン・スレイター
パトリシア・ヴェラスケス クリフトン・コリンズ・Jr
アイオン・ベリー ウィル・ケンプ

読み解くのが先か―、ハメられるのが先か―

プロファイラーを目指し、超難関な最終試験に挑む7人の有望なFBI訓練生たち。
教官が用意した試験は、
無人島にある特殊訓練施設で連続殺人犯の特徴や性質を分析し、その正体を暴くこと。
しかし、シュミレーションであったはずの試験で本物の殺人事件が発生!
この島には自分たちしかいない!…犯人はこの中にいる!?
犯人は、訓練生たちがFBIで培った能力や行動パターン、そして、心までも完全に読んでいた。
巧妙な手口により、訓練生は1人、また1人と殺されていく。
犯人はいったい誰なのか?     〔チラシより抜粋〕


アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」を基に
横溝正史の世界を現代的にアレンジしたようなサイコスリラーです。

時間を指定して、趣向を凝らした方法で殺人が実行されていきます。
お馬鹿な私は、最後まで犯人が分からず、ドキドキしながら見てしまいました。

犯人が誰だか探すのに、プロファイルが生かされていないな、とも思いますが…

猟奇殺人的な怖さがお好きな方は、是非ご覧になってください。


[TOHOシネマズ高槻 SCREEN6]

Read More

『エミリー・ローズ』 鑑賞(試写会)

【THE EXORCISM OF EMILY ROSE】ホラーを期待してはいけません!
★★★★★★★☆☆☆
poster
公式サイト

監督:スコット・デリクソン
出演:ローラ・リニー
    トム・ウィルキンソン
    ジェニファー・カーペンター  他

この映画はホラーではない。
実話である。
19歳の女子大生、エミリー・ローズ。
恐ろしい幻想と痙攣に苦しむ彼女は、
医学ではなく、ムーア神父に自らの運命を託した。
悪魔祓いの儀式の後、彼女は命を落としてしまう。
過失致死罪で起訴され、法廷で裁かれることになった神父。
そして、彼と共にエミリーの真相を明かす、女性弁護士エリン。
悪魔の存在を問うこの裁判の結末は…

hiropooさんご面なさい
この映画を見た友人から、とっても怖いと聞いていたのでお勧めしたのですが
ホラーという期待は肩すかし!全然怖くなかった。
感動の涙さえ浮かべてしまいました。(笑)

はたしてこの世に悪魔が存在するか?
それを裁判で証明できるか?
裁判物の映画です。

オカルト現象を見せますが、それを見せる映画ではないので
怖さはそれ程感じません。

ホラーを期待しなければ、とても興味深く、面白い作品です。

あなたは、悪魔の存在を信じますか?

[御堂会館]

Read More

ジャンル : 映画
テーマ : 鑑賞記録

『ナイロビの蜂』 鑑賞(試写会)

【The Constant Gardener】 レイチェル・ワイズが美しい~~♪
★★★★★★★☆☆☆
posterナイロビの蜂

監督:フェルナンド・メイレレス
脚本:ジェフリー・ケイン
編集:クレア・シンプソン
音楽:アルベルト・イグレシアス
キャスト
レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・フューストン
ユベール・クンデ ビル・ナイ ピート・ポルスルスウェイト 他

☆キャッチコピー☆
世界中が絶賛した愛の奇跡

情熱的で救援活動に熱心な妻のテッサの死に疑惑を抱いた
英国外交官のジャスティンは、妻の死の真相を調べるうちに
彼女が生前に暴こうとしていた世界的陰謀を知ることになります。

そうです、そうなんです。この映画はラブストーリー♪
でもサスペンスでもあります。

この映画も、見終わってから色々と考えさせられ、思いが膨らむ作品です。

サスペンス映画なので、ネタバレになるようなことは書きたくないな~。
と今回も逃げておきます。

見ごたえ十分で、お奨めの作品です♪

アカデミー賞の、助演女優賞、脚色賞、編集賞、作曲賞にノミネートされています。
レイチェル・ワイズに助演女優賞をあげたいな~


[梅田ピカデリー4] Nさん感謝♪

ジャンル : 映画
テーマ : 鑑賞記録