FC2ブログ

♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》
月別アーカイブ  [ 2009年05月 ] 

今日で10日目

9日(土) 晴久し振りに太陽の陽射しがまぶしい

兄がなくなってから、10日目
体に力が入らず、何もしたくない!
思った以上に堪えています。

去年両親の法事で帰省した折にいろいろと話をしたのが昨日の事のようで
その時に義姉から体の事を聞いておりましたので(これもこっそりと)
覚悟はしていたはずなのですが
辛い!

兄とは、普段電話をするでもなく
手紙を出すでもなく、
お正月に声を聞く程度
それでも、私にはたった一人の兄ですから
頼れる唯一の肉親でした。

5年前に大腸癌を患い大手術
その時も私に知らせることなく・・・

その後、肝臓と肺に転移して
肝臓は一度手術をしたそうですが
「3度目の手術はしない」と断言して
誰に知られることも無く、普段通りの生活を続けていたそうです。

2月の従兄妹の子供の結婚式にも出席して、よく食べ、よく笑い。
3月いっぱい勤務も休まず。。。

4月に入ってから急に具合が悪くなり
黄疸も出始めて

なにせ体が大きな兄
自宅での介護は無理と思った義姉の思いが通じたのか
自ら「病院に行こう」と言ったのが25日

週明けの27日に入院して、
30日に日付が変わった1時過ぎに
義姉と息子、娘に手を握られて
最後まで我侭も言わず、
苦しそうな様子も見せず
静かに目を閉じて逝ったそうです。


福岡の市役所に勤務
若い頃からの言葉どおり58歳で退職

その後も勤めては居りましたが
その会社もこの3月で退職
4月からは3つの会社の顧問として嘱託で仕事をすることにしていたそうです。

他人には優しくて
自分には厳しい兄

そして最後まで他人に、それが実の妹でも弱った姿を見せるのを拒んだ兄でした。。。


「もし死んだら、誰にも言わずにこじんまりと葬儀をして欲しい」
と言う希望だったので、
極限られた人にしか知らせをいれなかったのですが
そのはずだったのですが・・・

どこでもれたのでしょう、葬儀社に問い合わせが殺到して・・・
30日のお通夜も、1日の告別式も
大きな葬儀会場になってしまいました。

通夜と告別式で用意した会葬御礼は700を超え・・・

今日現在でも自宅の方へ沢山の方がお参りしてくださるそうで

いまさらながら兄の交流の広さ
人柄と言うか、人物の大きさに驚いています。

相思相愛というのでしょうか、仲の良かった兄夫婦ですから
義姉の事が想われますが

幸い近くに息子家族も、娘家族もいるので支えてくれるでしょう。。。

告別式会場で映し出された兄の写真をみて思い出しました。
いつも笑顔だったなぁと
怒られても、その後でニコッと笑ってくれたなぁと

これからの人生
私も兄のように笑顔で行こう!


スポンサーサイト



[ 2009/05/09 13:05 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(4)