FC2ブログ

♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

 《一般病棟へ》

25日(金) 晴

一般病棟へ

11時の面会の時
「今日の午後一般病棟へ移ります。」
とうれしい知らせ🎶

点滴も間もなく終わるそうで、これからはリハビリに頑張ってもらわなくっちゃ♪

そういえば横になっているとき、見ただけで上下していたお腹の拍動がなくなっています。

目に見えない場所の手術の成果を、
明らかに目にすることができるのがスゴイ!


15時の面会に行ったら、
「14時半頃8階に移動しました」と♪

なんとか大部屋に入れていただけたようです。。。


急ぎ病室に行くと
【これが最後】と書かれた点滴に繋がれて休んでいました。

ゆっくり落ちる点滴らしくて、
「なかなか終わらない」
とぼやいていました。

リハビリも大変そうですが始まりました。
今度は退院に向けての活動だと思うと嬉しいです🎶

さあ、あと一息、頑張ってもらいましょう。。。

スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

[ 2014/04/25 20:55 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(0)

 《術後 そしてまさかの…》

24日(木) 晴
つぶやき

ホッとしたからか?
花粉症が酷いのか?
なんだか身体がだるい(-_-)
イカン! まだまだ気を引き締めていなくっちゃぁ!


術後

11時の面会時には

先生から「順調です」とのことづけを伺い面会♪

尿の管も外してもらって、トイレにも歩いて行ったと♪

悪寒も治まって、腰痛も鎮痛剤が効いているのか落ち着いた状態でした。

昨晩の心配が払拭されました。

そして15時の面会
ベッドの上でフウフウ息をあげています。
リハビリで身体を動かし、トイレにも行ったのだそうです。

特定医療機器登録の説明を伺いました。
これからはMRIを受けられなくなるのかと心配したのですが、そうではありませんでした。(ホッ!)


19時の面会
マササンも面会に行ってくれるというので車での送迎付きになりました。
なんだか疲れたので嬉しい♪

主人は点滴も1本になって身軽そうです。
でも腰痛はまだ残っているらしくて、少し辛そうです。

マササン曰く
「ステントとは言え、お腹の中をいじくったんだから腰が痛いのは当たり前かな?」

主人は
「思い出しただけでも痛い! あの思いは二度としたくない!」と顔をしかめておりました。

一般病棟への移動も許可が下りているそうです。
「病室のやりくりをしています。」
とのことで、明日には移動できるかもしれません。


まさかの
20日(日)に我が家にやって来たマササン父子!
yukiはとても元気でビックリするくらいよく食べます。
kouは青洟が出ていますが、昨日よりはマシかな?
という感じだったのに…

トモチャンから夜に「yukiが熱を出しました」とメールが…

でも翌月曜日には学校にも行ったそうです。

で、安心していたのですが、
昨日小児科で診てもらったら、yukiがまさかの

溶連菌感染症だったそうです。

昨日手術待ちの時にかかって来た電話はそれだったのです。。。

で、今日、yukiは私と家にいることになりました。
まだ独りでトイレにも行けないyukiですが、
オジイチャンの面会時には頑張って独りで留守番をしてくれました。

あ~~ぁ、いろんな事が起こるものです。。。

ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

[ 2014/04/24 23:20 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(0)

 《手術成功(ホッ♪)》

23日(水) 晴

手術日

いよいよというか、とうとうというか、
手術日になりました。

今朝から絶飲食の主人です。
13時からの予定ですが、前の方の手術次第で早くなるか?遅くなるか?

11時頃から手持無沙汰で待ち続けているのですが、
なかなかお呼びがかかりません。

待って、待って、待って……
待ちくたびれた15時過ぎにやっと車椅子でお迎えが来ました。

特に手術室に入るイベントがあるわけでもなく(←当たり前か)
淡々と手術室に入って行きました。

心の声「頑張って!」
マササン曰く、「頑張るのは先生だけどね(笑)」

私ができるのは待つことだけです。

今日は手術が多かったのか、2階の待合室は満席で…
術後ICUに入るので、病室から抱えてきた毛布、半纏やバスタオルなどの大荷物を抱えて立っていたら、
それを見つけた看護師さんがICUとも連絡をとってくださって、

「8階のデイルームでお待ちいただいてもいいですよ!」と。

持参した昼食のおむすびを4時頃にやっと食べることができました。

17時頃に2階に移動したら、今度はガラガラ。

隣のソファーにやはり手術が終わるのを待っている家族がいるだけでした。
そして、その家族も手術が終わっていなくなったら私独り…

時々うるさい大きな音を立てる自販機と一緒にひたすら待ちました。。。

そして19時頃看護師さんから
「あと2,30分位で手術が終わります。」
と連絡がありました。

丁度トモチャンと電話で話していた時だったので
「手術が終わって、麻酔の覚醒に入ったみたいですね。」
と説明をしてもらいました。(覚醒するまでが手術なんだ!)

手術を終えた先生とすれ違った時に、

「手術は無事に終わりましたよ。
腎臓への血管にも狭窄があったのでそこにもステントを入れました。
また後でお話ししましょう。」

と、慌ただしい中でも話をしてくださいました。

それから待つこと1時間!
ICUに入った主人に面会することができました。

悪寒と腰痛
手術を終えた穏やかな主人と面会できると思っていたら、
悪寒と酷い腰痛で息も絶え絶えな主人と面会することになってしまいました。

ガタガタ震えるような寒気は全身麻酔の後しばしばあることだと説明を受けましたが、
それよりも「痛い!痛い!」と悶えている腰痛が気になります。

(後から聞いたら「死んだ方が益しだと思ったよ!」って…)

主治医の部長先生をはじめとして3人の先生方が集まって診てくださっています。

寒さで震えている中、エコーでお腹を診てくださいました。
先生方も最初は緊張した感じでしたが、だんだんに表情が和らいで、

「大丈夫、ステントはきれいに入っています!」 と。

それでも苦しんでいる主人を後にして帰宅しなくてはなりませんでした。

「手術は成功したよ!」

とおっしゃった先生を信じるばかりです。。。

T君からのメールでホッ!

主人と兄弟のようにして育った従弟は医師です。
いつも医療に関して困ったことがあったら相談に乗ってもらっています。

そして彼の長男、T君も医師、しかも心臓血管外科の医師なのです。
現在はアメリカで医師として働いています。

今回の手術に関しても

「私が出来ることは限られているかもしれませんが、何かありましたら連絡を下さい。
アメリカにおり、直接お話は難しいかと思いますが、出来る限りご質問等に回答させて頂きます。」

と心強い返事をいただいておりました。

で、手術後の主人の様子が心配でメールをしてしまいました。
すると即、本当に即返事をいただいたのです。
内容は病院で先生方に説明を受けたのと同じでした。

先生方を信頼してはいますが、それでも不安は残ります。
T君が相談に乗ってくれているのがどれだけ心強いか身に染みました。

お蔭で安心して休むことができます。


ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

タグ : ステント

[ 2014/04/23 23:53 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(0)

 《手術日が決まりました》

16日(水) 晴 
早いもので主人が救急車で運ばれてから4週間が経ちました。

そしてとうとう
手術日が決まりました
7日に先生から病状経過の説明を受け
14日の夜にも説明を受けて、手術日が決まりました。

病院に運ばれて直ぐ、そして3月27日、そして4月10日にCT検査を受けました。
その結果、
胸部大動脈解離は、ほぼふさがっているけれど、一部まだ解離の状態が残っているそうで、
2週間目と3週間目のCTで変化はなかったそうです。

胸部、腹部、どちらも手術をするならば
まず胸部にステントグラフトを入れ、その後
腹部大動脈瘤にステントグラフトを入れるのが良いそうです。

が、胸部のまだ解離が残っている部分は、手術による障害(麻痺)のリスクが高い場所なのだそうです。

腹部大動脈瘤は破裂したら、即命に係わるので絶対に今回手術すべきですが、

胸部の残っているところは、もし次に解離が起きても、ワンクッションある可能性が高いので、
麻痺が起きるリスクを考えたら、このままの状態で様子を見ても良いのではないかとのお話でした。

安静状態が続いて、かなりストレスもたまっているので、
来週の水曜日、23日に
身体に負担が少なくて、退院も早いステントグラフトでの手術をすることになりました。
もちろん場合によっては開腹になるかもしれません。

昨日は血圧脈波検査(BPB)があり
今日は心臓超音波検査、頸部血管超音波検査 がありました。
明日は頭部MRA検査があるそうです。

いよいよ手術に向けて動き出した感があります。

「何故直ぐに手術できないんだ!」と駄々を捏ねていた主人も

「手術が立て込んでいて、直ぐには無理なんです」
と看護師さんから説明を受け、先生からも

「ずっと安静にしていて、ストレスもかなり溜まっていると思うのでなるべく早く手術しましょう。」
と言っていただいていることも伝え、やっと納得したようです。


あとは、無事に手術が成功して、障害も残らないことを祈るばかりです。



ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

[ 2014/04/16 22:08 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(2)

 《結構忙しい (;^ω^) 》

6日(日) 雨

結構忙しく(;^ω^)

主人が入院して病院の往復だけでなく、バタバタと忙しい日を過ごしております。

高槻時代の友人たちと30日(日)に京都で花見をしようと約束していたのです。
私抜きでと提案したのですが、皆様のご厚意で秋に延期することになりました。
楽しみにしていたのに申し訳ない限りです。
皆様 ありがとうm(__)m

26日(水)雨

雨の中、大阪女子短期大学での地域密着のイベント!
【プラレール運転会】へ
140326_00.jpg
 今年で4年目になるイベントです。
 最初の年に参加して、2回目の参加をしました。

 雨の中、我が家からプラレールを運んだり、体力を使いました(笑)
 
 この後14時からyukiは発表会の合同練習!

 そしてバスでオジイチャンのお見舞いにも行きました。




27日(木) 晴
マササンがいよいよ携帯機種変更!
そしてyukiの見守り携帯が壊れたので携帯を新規で購入!

消費税引き上げ前の駆け込みかソフトバンクが混んでいて、
kouの水泳、yukiの音楽教室の合間で落ち着かない状態でしたが無事に購入できました。

生協の配達にも間に合って、事情を話すこともできました。

が、郵便受けに宅配の不在票が入っていて・・・
どうしたものか困ったけれど、夜にマササン一家がお見舞いに行ってくれるというので、
私は今晩は早めに帰宅して宅配を待つことに!

帰宅したとたんに電話がかかり、ギリギリセーフ!
宅配便もものすごく忙しくてこちらの要望になかなか叶えることができないのだそうです。
これも消費税引き上げ前の駆け込み需要の影響でしょうね。

28日(金) 晴
ヤマハ合同発表会

140328_00.jpg
yukiもこの春から小学3年生
興奮も緊張もしているでしょうが、さすがにおちついて演奏していたようです。
お疲れ様♪

帰りにオジイチャンのお見舞いに寄ってくれて
発表会の報告もしました。

今日から大部屋に移っていたのでちょっとビックリ、うろうろしてしまいました。

タカシが出張帰りに病院に来ると言っていたのでギリギリまで待ったのですが、
渋滞に巻き込まれ、間に合いませんでした。

29日(土) 晴
今日、明日は5つの町内会合同で主催している
【ふれあいネットプラザ】
の当番の日です。

事情を知ってくださっている町内会長さんの奥様が出るからいいよ!
と言ってくださったのですが
病院へはタカシに行ってもらって、主人の代わりに私が当番を務めることになりました。

来る人、来る人主人のことを心配してくださって声をかけてくださいます。
本当にありがたいことです。

明日も頑張らなくっちゃ🎶

タカシは夕方松江に帰り、
私は当番を務めて夕方から病院へ行きました。

29日、30日とづみ一家は姫路サファリーパークへ行きました。
去年の大型台風の時のリベンジをしようと前々から計画していたのです。
オジイチャンも大丈夫そうだし、計画通りに行くことにしました。

私は【ふれあいネットプラザ】のお役を無事に務めることができました(本当かな?)。

31日(月) 晴
今日はづみ家へ新しく買った電化製品の運び込みの日です。
これも前々から決まっていたことです。

kouのお迎えが困るかな?との老婆心から夕方一度づみ家へ。
でも既にトモチャンが迎えに行った後で、その間少しだけ留守番をしました。

歩けました
大部屋に移った頃から左膝が痛くなり、
全く動かすことができなくなっていたオジイチャンですが、
形外科の先生に診てもらって痛み止めを飲み始めたら
痛くても動かすことができるようになりました。

なんとなんと、昨晩は立って自力でトイレに行ったと言うのです。

そして私に動けるところを見せると言って、立って歩いて見せてくれました。

なんだかホッとした一瞬でした。
<br clear="all">

春ですね~~

我が家の裏のお宅の桜です。
140331_00.jpg
オジイチャンの部屋から🎶

140331_01.jpg
ベランダから🎶

140404_00.jpg
我が家のチューリップも咲きました。

ジャンル : 日記
テーマ : 日記

[ 2014/04/06 10:45 ] 日々の事♪ | TB(0) | CM(0)

 《それは突然に!!!!!》

4月3日(木) 晴のち曇

それは突然に!!!!!
ちょうど2週間前 3月20日(木)のことです。


この日の午後は
マササンの携帯の機種変更 & yukiの見守り携帯が壊れたので新しく契約するために私は外出。
そして午後5時頃に帰宅して一休み。

午後6時になったので食事の準備をしようとダイニングに行きました。

いつもなら6時45分頃に降りてくる主人も降りてきたので
「もうお腹が空いたの?」と声をかけたら・・・・・・

なんだか様子が違うのです。

「座ってパソコンをしていたら、突然背中が痛くなって、1時間ほど七転八倒してたけどやっと降りてこれた!
 こんなのは何科で診てもらったらいいのかな?」

って・・・

全く起き上がれない状態です。

驚きましたが、この時は迷わずに救急車を呼ぼうと思った私です!


城山病院へ
119番では「少し時間がかかります」と言われたけれど、思ったよりも直ぐに来てくれて、
救急車に乗って間もなく
「城山病院へ行きます!」と行き先が決まりました。

受け入れてくれる病院が見つからないことも多いと聞くのに
我が家からも近い城山病院が受け入れてくれることになり、ホッ♪

しかもラッキーなことに、この日は心臓血管外科部長の先生がおられて、診てもらうことができたのです。

検査の結果は、

急性大動脈解離
しかも
大動脈解離だけでなく腹部に大動脈瘤があることも判明!

5,5㎝を超えたら手術が必至といわれるものなのに、
主人のは8㎝を超えているのだそうです。

緊急手術になるのかと思ったのですが

「解離した部分がすでに固まりかけているので、
手術はせずに1週間は集中治療室で絶対安静にして血圧を下げて様子を見ましょう。
その後3週間は安静にして入院です。
絶対安静は辛い治療だけど頑張りましょう。」

と言っていただき、ICUに即入院となりました。

集中治療室
絶対安静の主人。
先生のお話では、一番怖いのがICU症候群というものなのだそうです。

拘束された状態で、今が何時なのか?何故此処にいるのか?が分からなくなり、
精神状態の異常をきたし、暴れるのが一番怖いと。

それを防ぐためには家族の面会、会話が一番大事なのだそうです。

ICUの面会は、11時、15時、17時に各30分づつ
1日3回、坂の上にある病院へ通いました。

づみ一家も面会に協力してくれて、ICU症候群にはならずに済みました。
良かった♪


25日(火) 一般病棟へ♪
1週間の予定でしたが、思ったより早く一般病棟へ移ることができました。
どうやらICUが満床になって追い出された感も???

大部屋が空いてなくて一旦個室に入ったのですが
28日に無事大部屋の方へ移ることができました。

この日はタカシが大阪出張で仕事帰りに帰ってきてくれたのですが、
交通渋滞に引っ掛かり、面会は断念!
翌29日に午前中から面会に行ってくれました。

帰りたい!
一般病棟へ移ったら
「トイレも歩いて行って良いですよ!」
と言われたけれど・・・・・・

今度は左の膝と足親指の付け根が痛くなり、
膝を曲げることができなくなり、自力では腰かけることも立つこともできません。

{このまま寝たきりになったらどうしよう!}

と心配した私です。
が、
今度は整形外科の先生が診てくださり

「痛風」

との診断が(>_<)

毎食後の薬が処方されて(1個は鎮痛剤)痛みが緩和され、
自力でトイレに行ったり、腰かけて食事をしたりすることができるようになりました。

少し動くと息切れ、動悸もするようですが頑張って歩いております。

「早く家に帰りたい!」のだそうです。


病状説明
先週27日にCTの再検査があり
今日、その病状説明をうけました。

大動脈解離は通常3週間程で安定するのだそうです。

27日のCTでは、まだ裂けた所が動脈瘤として残っており、
血圧も安定してきているので、このまま降圧療法をつづけ
来週もう一度CTを撮るそうです。

その結果まだ動脈瘤が残っていたら、その治療(手術になるかも)をすることになります。

腹部大動脈瘤も大きいので、早く治療した方が良いのですが、胸部の方が安定するのを待って
ステントグラフト、又は開腹手術をすることになります。

血液検査で尿酸値が高いのは勿論、
治療を要する値ではないけれど、腎機能も良くないことがわかりました。

若いころからの不摂生が祟っているようです。。。


「何時死んでも良いから家に帰りたい」と治療拒否もほのめかしていた主人ですが、
いざとなったらさすがに治療拒否はしませんでした。

助けてもらった命です。
覚悟して治療に専念してほしいものです。


私も疲れます

いつものことながら私には我儘ばかり言って困らせる主人です。
お蔭で歯茎が疼いて、とうとう抗生剤と鎮痛剤を飲むことに(>_<)

いい歳をして、いつも偉そうに、特に私には偉そうにしているのに、
客観的に自分の病気を見つめることもできないのかと思ってしまって・・・

私は疲れます。
でも頑張らなくっちゃね!



ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

タグ : 大動脈解離 動脈瘤 ステントグラフト

[ 2014/04/03 21:07 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(2)