FC2ブログ

♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》
月別アーカイブ  [ 2020年03月 ] 

命拾いしました

主人がまた命拾いしました。

2月25日(火)
 明け方から時々咳がでて、「咳をすると右の胸が痛い」と・・・
後に聞いた話では、朝ゴミを出す時にもかなり息苦しかったのだそうです。
コロナウィルスが話題になっている昨今なので病院には行きたくないという主人。
様子を見ました。

夕食も普通に食べて、食後にちょっと眠ったらしいのですが、午後10時頃
「胸が痛くて寝がえりが打てない」と。
気になり始めたのでかかりつけの城山病院の時間外診療を受けさせてもらおうと電話をしたところ、
咳が出ると胸が痛い事、熱はないこと、を伝えると、
「明日の朝まで様子を見るように!」との指示。

一旦は主人の部屋で寝ようと布団を運んだりもしたのですが、
みるみる胸の痛みと息苦しさが酷くなる様子を見て、救急車を呼ぶことにしました。

救急隊の方は主人の様子を見て、心臓疾患ではないかと、主人のかかりつけの城山病院に連絡をしてくれ、
満床でもし入院となったら他の病院へ搬送するのを納得の上で城山病院へ運んでもらいました。
心臓血管外科、消化器内科に掛かっているので他の病院よりも安心です。

で、診察の結果
気胸
だという事が判明。
城山病院で肺から漏れた空気を出してもらい
はびきの医療センターに移ることになりました。
昨年左肺の影を見てもらうために診察もしてもらっている上、近い病院なのでホッといたしました。

応急処置をしてもらって、また救急車ではびきの医療センターへ運んでもらいました。
それが26日午前1時すぎの事です。

救急車を呼んだ時に心配して来てくださった大西さんや松村さんに病状をメールしたら、
夜中にもかかわらす、何度も「いつでも連絡をください、迎えに行きます。」と松村さん。
不安な中、心強くて有難い思いでいっぱいでした。

診察室の外で待っていても慌ただしく出入りする先生や看護師さん達。
先生の説明を受けれるようになってからのお話では

気胸だけでなく出血もしている血気胸で出血量がかなり多い(1.4ℓ)ので予断を許さない。
ここでは手術できないので異変があれば住吉区の救急医療センターへ搬送することになる。
と。

午前4時近くまで様子を見るうち、少し出血量が減ってきたらしく、
「救急救命センターへ移送しても朝まで手術は受けられないし、出血も少し治まってきているのでこのままICUで様子をみます。」
との事。

ICUに移ってから、入院の準備もあるのでとりあえず私は帰宅しました。
タクシーも使えず、というより怖くて使えず(笑)帰宅したのが午前4時半過ぎ!

26日(水)
入院の準備などでバタバタするうちに午前5時過ぎ!
この時間ならマササン達に連絡しても大丈夫だろうと状況をメールして、
直ぐにづみ家へ直行!

yukiは今日から期末テスト
kouはお腹が痛くて学校には遅れて行きたい、と

入院の支度もまだできていないので一旦自宅へかえり、お昼前にづみ家に行く予定にしました。

8:40 帰宅したと思ったら羽曳野医療センターから電話があり、
「治療についての説明をするので直ぐに来れますか?」と。
急ぎ荷物を作って病院に着いたのが9時
トモチャンも来てくれて、
私は先生から今後どうするのかの説明があるとばかり思っていたら、
「今から手術ですよ!」とトモチャンから聞かされて、アワアワ!

胸の脇を8センチほど切開して、肺に開いた穴を塞ぎ、出血場所を探して止血する手術だそうです。
手術自体は順調に行けば1時間半程
麻酔の時間もあるので3時間~4時間でしょうか?

救急医療センターへ搬送されるという時には、もう命が無いのだろうと半分覚悟していましたから、
緊急手術を羽曳野医療センターでしてもらえることがわかり、ホッとしました。

取りあえず学校に連れていけないkouに電話をして、手術が終わるのを待つことになりました。

家族の待合室に同じようにご主人の手術の待合をしている方が居られて、お喋りできたのが救いでした。
トモチャンも仕事の合間に見に来てくれて、心強い事この上ありません。

順調に手術が終わり、穴を塞ぐために切除した肺の一部を見せてもらいました。
血管が4本も切れていたそうで、まだ残っていた血液が1ℓほどあったとか・・・
全部で2,4ℓの血液を失ったわけで、輸血も致し方ない処置です。

バイアスピリンを服用していた主人ですから交換した血液でたすけてもらったようです。

今回の手術は酷い悪寒も無くて、「痛い!痛い!」は連発していますが、
一時期50を割っていた血圧も上がって顔色も良くなりました。

今回も命拾いしたようです。

入院のための諸々を購入する必要があったので私は帰宅しましたが、
この日夕食まで食べれなかったし、夕食も何を食べたか記憶にありません(>_<)

28日(金)
順調に快復している主人です。
ICUから一般病棟に移りました。
まだ、術後患者のための個室ですが、元気になっています。
まだまだチューブに繋がれています。
笑ったり咳をしたりすると傷口が痛む!
当たり前のことですけどね。

お見舞いに行きたいと言ってくださる何時ものメンバーですが、
新型コロナウィルスのこともあり、今回は面会はお断りすることにいたしました。

3月4日(水)
一般病棟の大部屋に移りました。
驚くほどの回復力で、今回は我儘も言わずに養生しています。

取り急ぎ思い出すままに記録しておきます。






スポンサーサイト



[ 2020/03/04 17:15 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(0)