FC2ブログ

♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

『頭文字/イニシャルD』 鑑賞(吹替え版)

面白かったのですが、吹替えにちょっぴり違和感があり、その分減点で
★★★★★★★☆☆☆
藤原豆腐店藤原父子ロードレース
http://avex.jp/initial-d/index.html
原作:しげの秀一
監督:アンドリュー・ラウ
カースタント:高橋レーシング
出演:ジェイ・チョウ
   鈴木杏
   エディソン・チャン
   シェーン・ユー
   アンソニー・ウォン 他

ヤングマガジンで連載中の『頭文字(イニシャル)D』の実写版映画です。

父親の手伝いで、豆腐店の配達をすることでドライビング・テクニックを身につけた藤原拓海。
彼の前に現れる峠のスペシャリスト、ロードレーサー達!
秋名の峠を舞台にバトルが繰り広げられます。

資料によると秋名の峠となっているのですが
映画の中では原作の『榛名峠』と言っていたような???(私の聞き違いかな)

日本語吹替えに、少々違和感があったのですが、それもだんだん気にならなくなって
ロードレースでヘアピンカーブを走り抜ける車に引き込まれていきます。
峠を走行する車は、CGを使わずに撮影されたものだそうで、
生ドリフトや溝落としなどのドライビング・テクニックを見せてくれます。
BGMとエンジン音、そして音のない時間の組み合わせが
迫力をより増大して感じさせるように感じました。
この映画、舞台は日本でも出演者は香港、台湾、日本
鈴木杏は日本語で台詞を
他の面々は広東語(?)のようで、吹替えになんだか違和感を感じました。

私は原作は読んでいないのですが、アニメ劇場版のイニシャルDを見て燃えました(笑)
今回も面白かった~♪
運転も出来ないし、メカのことも全然知らないのですが
私ってやっぱりメカが好きかも♪♪♪

実際にあんなカーブを、あんなスピードで走ったら、酔ってしまうでしょうが
映画では痛快でしたよ~~

[メルパルクホール]
スポンサーサイト



ジャンル : 映画
テーマ : 鑑賞記録

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

大迫力「頭文字D」
僕も読んでる人気匁がなんと香港で映画化!? それが「頭文字D」です。 吹き替え版で見たのですが、 これは非常に見応えありました!! もう少し面白くない映画に仕上がってるかと思ったのですが、 なんのなんのすごい迫力で話も含めて面白かったです。 カーアクションも.
頭文字D THE MOVIE
プレミアのときにふるまわれたお菓子。「竹苑水朧龍髭糖」鳥の巣みたいなふわふわな白い極細糸状の飴にくるまれ、白ごまとアーモンドのかけらを散りばめたなんとも繊細なスウィーツ。袋を開けるとボロボロとこぼれ出て「あっちゃー」と思ったけど、口に入れて、おいしさにび
[2005/09/25 02:51] シネマクロニクル