♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

『團菊祭五月大歌舞伎』 鑑賞

21日(土) 晴 蒸し暑くなってきました。

奈良の実家へ

今日はトモチャンがお休みの日
というか、準夜明け!
早起きの孫達に起こされてしまうトモチャンなので疲れは残っていると思うのですが
久し振りに奈良の実家に行くことにしました。

奈良のオジイチャンちには行きたいけれど

『車に乗りたくない!』というYuki。

体調が悪いと乗り物酔いすることがあり
まだ、くしゃみ鼻水が酷くてしんどいらしい。

~☆ 今日の私 ☆~
電車でGO!
「ケイチャンと大和西大寺まで電車で行こうか?」

という私の提案に、一も二もなく乗ってきたYukiです。

で、
車で行くトモチャン&Kou と 
電車で行く 私&Yuki との競争になりました。

方向音痴の私が無事に大和西大寺に着けるかどうか?

途中で駅員さんに聞きながら
そして
私が間違えない様に、その返事を反復しながら私に教えてくれるYukiの協力のお陰で
無事に大和西大寺に到着!

車の方が一足早かったけれど
無事にYukiをトモチャンに渡すことができました。

せっかく奈良まで行ったのですから、柿の葉寿司をGET!
それから、なんばの松竹座へGO!

【團菊祭五月大歌舞伎】夜の部
團菊祭
 一、倭仮名在原系図
   蘭平物狂(らんぺいものぐるい)
  
 二、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
   浜松屋見世先の場
   稲瀬川勢揃いの場
 三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
 

40年以上前、まだ團十郎が海老蔵、菊五郎が菊之助だった頃に
今回と同じ

『弁天娘女男白浪』

の舞台を見ている私です。

その時の菊之助は本当に美しかった!

さすがに現在の菊五郎が18歳の役は……
ちょっと無理がありますが(笑)
それでも、円熟した味わいに惹きつけられました。

前回の初歌舞伎で

「ワケが分からなかった」
「セリフが聞き取れない」

と言っていたち~ちゃんにリベンジしてもらいました。

今回はとても華やかな、美しい、そして分かり易い舞台だったので
満足してもらえたみたいです。

歌舞伎が嫌にならなくて、良かった。
また付き合ってください。

[松竹座] Nさん感謝です。


幕間に
奈良で買ってきた“たなかの柿の葉すし”
それを幕間にいただきました。

このお寿司、鯖、鮭、鯛、海老、鰻、山菜の6個の詰め合わせ

なかでも鰻が美味しかった~~~

この柿の葉寿司は奈良でしか買えないのか?
HP(http://www.kakinohasushi.co.jp/)にも載っていないのです。

一緒に歌舞伎を見物したち~ちゃんに押し売りしてしまったけど
美味しくて良かった。


スポンサーサイト

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 歌舞伎

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する