♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

 シネマ歌舞伎鑑賞 『連獅子/らくだ』

3日(水) 晴
つぶやき

見逃していたシネマ歌舞伎の『連獅子/らくだ』を観て
道具屋筋で紙のお店へ
ランチョンマット
義妹が来日するにあたり、和紙のランチョンマットが欲しいと言っているので探したものです。

2,3種類しかなかったら購入しようと思ったのですが、思いの外多くて
やっぱり義妹ともう一度観に行くことにいたしました。

久し振りに映画を観て、すこし街をぶらついて・・・
やっぱり疲れたけれど、膝の調子は悪くならないのでホッとしています。


映画鑑賞 7本目
【連獅子/らくだ】
★シネマ歌舞伎★


連獅子/らくだ
監督:山田洋次
[上演月]「連獅子」2007年10月/「らくだ」2008年8月
[上演劇場]「連獅子」新橋演舞場/「らくだ」歌舞伎座

『らくだ』は古典落語が題材になっています。
勘三郎の久六と三津五郎の半次のコンビで、歌舞伎座を笑いの渦にした舞台だそうですが
本当に可笑しくて思わず笑ってしまいました。

連獅子は中村勘三郎の親獅子、勘九郎、七之助の子獅子で
息の合った親子の舞が感動的でした。

今年は《月イチ歌舞伎》と題してこれまで上映された作品が毎月観られます。
見逃したものもあるので、楽しみです。。。


スポンサーサイト

ジャンル : 映画
テーマ : 映画で歌舞伎

タグ : シネマ歌舞伎 らくだ 連獅子 月イチ歌舞伎

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する