♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

 読んだ本

19日(土) 小雨
つぶやき

台風26号が爪跡を残して去ったと思ったら、27号が・・・
大型で強いらしい。
なるべく日本に近づきませんように。。。


読んだ本
【永遠の0】 百田尚樹 著 (講談社文庫)

賛否両論評価が分かれているけれど、太平洋戦争のある一面をみれて興味深かった。
特攻隊で死んでいった人達は・・・と考えると空しいけれど
実際に宮部久蔵のような人が居たならば・・・と考えると気持ちが少し救われる。
現実は・・・と云々されるけれど、小説の中ではこれくらいの救いがあってもよいのではないかと思います。

【密売人】 佐々木譲 著 (ハルキ文庫)

警察小説、道警シリーズ第5弾だそうです。
Sと呼ばれる情報提供者が殺されていくお話です。

【おまえさん上下】 宮部みゆき 著 (講談社文庫)


ぼんくら同心、井筒平四郎のお話。
ぼんくらとしているようで、人情味溢れるシリーズです♪♪♪

【これからの「正義」の話をしよう】 マイケル・サンデル 著 (早川書房)

「正義」を語る哲学書です。
わかりやすく解説してあっても、私の脳にはやっぱり理解が・・・
正解の無いお話なので『フーン!』という感じで読みました(笑)
お願い!私に決断を迫らないで下さい。。。

【新御宿かわせみ 2・3・4】平岩弓枝 著 (文春文庫)
  

まだまだ続いて欲しいと思うけれど
納まるところに納まった感じで、一件落着でしょうね。

【お医者同心中原龍之介 シリーズ】和田はつ子 著 (講談社文庫)
   


   

北町奉行所の閑職に置かれている中原龍之介は、剣の達人でもあり、鋭い洞察力、推理力がある。
生き物を愛し、植物を愛する「よろず医者」
正義感に燃える松本光太郎にじわりじわりと影響を与えていきます。
ハーブティーの話が出てきて、時代小説と感じない親近感♪

【ジウ(1) 警視庁特殊犯捜査係】 誉田哲也 著 (中公文庫)

27歳の門倉美咲、25歳の伊崎基子、性格が正反対と思われる2人の女性警察官を主人公に、巨大な犯罪組織「新世界秩序」の戦いを描く。
3部作らしいのですが・・・


スポンサーサイト

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書記録

[ 2013/10/19 14:00 ] 読書記録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。