♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

 《それは突然に!!!!!》

4月3日(木) 晴のち曇

それは突然に!!!!!
ちょうど2週間前 3月20日(木)のことです。


この日の午後は
マササンの携帯の機種変更 & yukiの見守り携帯が壊れたので新しく契約するために私は外出。
そして午後5時頃に帰宅して一休み。

午後6時になったので食事の準備をしようとダイニングに行きました。

いつもなら6時45分頃に降りてくる主人も降りてきたので
「もうお腹が空いたの?」と声をかけたら・・・・・・

なんだか様子が違うのです。

「座ってパソコンをしていたら、突然背中が痛くなって、1時間ほど七転八倒してたけどやっと降りてこれた!
 こんなのは何科で診てもらったらいいのかな?」

って・・・

全く起き上がれない状態です。

驚きましたが、この時は迷わずに救急車を呼ぼうと思った私です!


城山病院へ
119番では「少し時間がかかります」と言われたけれど、思ったよりも直ぐに来てくれて、
救急車に乗って間もなく
「城山病院へ行きます!」と行き先が決まりました。

受け入れてくれる病院が見つからないことも多いと聞くのに
我が家からも近い城山病院が受け入れてくれることになり、ホッ♪

しかもラッキーなことに、この日は心臓血管外科部長の先生がおられて、診てもらうことができたのです。

検査の結果は、

急性大動脈解離
しかも
大動脈解離だけでなく腹部に大動脈瘤があることも判明!

5,5㎝を超えたら手術が必至といわれるものなのに、
主人のは8㎝を超えているのだそうです。

緊急手術になるのかと思ったのですが

「解離した部分がすでに固まりかけているので、
手術はせずに1週間は集中治療室で絶対安静にして血圧を下げて様子を見ましょう。
その後3週間は安静にして入院です。
絶対安静は辛い治療だけど頑張りましょう。」

と言っていただき、ICUに即入院となりました。

集中治療室
絶対安静の主人。
先生のお話では、一番怖いのがICU症候群というものなのだそうです。

拘束された状態で、今が何時なのか?何故此処にいるのか?が分からなくなり、
精神状態の異常をきたし、暴れるのが一番怖いと。

それを防ぐためには家族の面会、会話が一番大事なのだそうです。

ICUの面会は、11時、15時、17時に各30分づつ
1日3回、坂の上にある病院へ通いました。

づみ一家も面会に協力してくれて、ICU症候群にはならずに済みました。
良かった♪


25日(火) 一般病棟へ♪
1週間の予定でしたが、思ったより早く一般病棟へ移ることができました。
どうやらICUが満床になって追い出された感も???

大部屋が空いてなくて一旦個室に入ったのですが
28日に無事大部屋の方へ移ることができました。

この日はタカシが大阪出張で仕事帰りに帰ってきてくれたのですが、
交通渋滞に引っ掛かり、面会は断念!
翌29日に午前中から面会に行ってくれました。

帰りたい!
一般病棟へ移ったら
「トイレも歩いて行って良いですよ!」
と言われたけれど・・・・・・

今度は左の膝と足親指の付け根が痛くなり、
膝を曲げることができなくなり、自力では腰かけることも立つこともできません。

{このまま寝たきりになったらどうしよう!}

と心配した私です。
が、
今度は整形外科の先生が診てくださり

「痛風」

との診断が(>_<)

毎食後の薬が処方されて(1個は鎮痛剤)痛みが緩和され、
自力でトイレに行ったり、腰かけて食事をしたりすることができるようになりました。

少し動くと息切れ、動悸もするようですが頑張って歩いております。

「早く家に帰りたい!」のだそうです。


病状説明
先週27日にCTの再検査があり
今日、その病状説明をうけました。

大動脈解離は通常3週間程で安定するのだそうです。

27日のCTでは、まだ裂けた所が動脈瘤として残っており、
血圧も安定してきているので、このまま降圧療法をつづけ
来週もう一度CTを撮るそうです。

その結果まだ動脈瘤が残っていたら、その治療(手術になるかも)をすることになります。

腹部大動脈瘤も大きいので、早く治療した方が良いのですが、胸部の方が安定するのを待って
ステントグラフト、又は開腹手術をすることになります。

血液検査で尿酸値が高いのは勿論、
治療を要する値ではないけれど、腎機能も良くないことがわかりました。

若いころからの不摂生が祟っているようです。。。


「何時死んでも良いから家に帰りたい」と治療拒否もほのめかしていた主人ですが、
いざとなったらさすがに治療拒否はしませんでした。

助けてもらった命です。
覚悟して治療に専念してほしいものです。


私も疲れます

いつものことながら私には我儘ばかり言って困らせる主人です。
お蔭で歯茎が疼いて、とうとう抗生剤と鎮痛剤を飲むことに(>_<)

いい歳をして、いつも偉そうに、特に私には偉そうにしているのに、
客観的に自分の病気を見つめることもできないのかと思ってしまって・・・

私は疲れます。
でも頑張らなくっちゃね!



スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

タグ : 大動脈解離 動脈瘤 ステントグラフト

[ 2014/04/03 21:07 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/04/04 20:50 ] [ 編集 ]
>しーさん♪
ご心配をおかけしましたm(__)m

主人は別に無理はしてないと思うんですけど・・・(笑)
若いころの不摂生が祟っていると思います。
私も不摂生なのに病院嫌いなので耳が痛いです。
いろんな意味で覚悟をしなくちゃと思っています。
ありがとうございました。
[ 2014/04/04 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。