♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

 《手術日が決まりました》

16日(水) 晴 
早いもので主人が救急車で運ばれてから4週間が経ちました。

そしてとうとう
手術日が決まりました
7日に先生から病状経過の説明を受け
14日の夜にも説明を受けて、手術日が決まりました。

病院に運ばれて直ぐ、そして3月27日、そして4月10日にCT検査を受けました。
その結果、
胸部大動脈解離は、ほぼふさがっているけれど、一部まだ解離の状態が残っているそうで、
2週間目と3週間目のCTで変化はなかったそうです。

胸部、腹部、どちらも手術をするならば
まず胸部にステントグラフトを入れ、その後
腹部大動脈瘤にステントグラフトを入れるのが良いそうです。

が、胸部のまだ解離が残っている部分は、手術による障害(麻痺)のリスクが高い場所なのだそうです。

腹部大動脈瘤は破裂したら、即命に係わるので絶対に今回手術すべきですが、

胸部の残っているところは、もし次に解離が起きても、ワンクッションある可能性が高いので、
麻痺が起きるリスクを考えたら、このままの状態で様子を見ても良いのではないかとのお話でした。

安静状態が続いて、かなりストレスもたまっているので、
来週の水曜日、23日に
身体に負担が少なくて、退院も早いステントグラフトでの手術をすることになりました。
もちろん場合によっては開腹になるかもしれません。

昨日は血圧脈波検査(BPB)があり
今日は心臓超音波検査、頸部血管超音波検査 がありました。
明日は頭部MRA検査があるそうです。

いよいよ手術に向けて動き出した感があります。

「何故直ぐに手術できないんだ!」と駄々を捏ねていた主人も

「手術が立て込んでいて、直ぐには無理なんです」
と看護師さんから説明を受け、先生からも

「ずっと安静にしていて、ストレスもかなり溜まっていると思うのでなるべく早く手術しましょう。」
と言っていただいていることも伝え、やっと納得したようです。


あとは、無事に手術が成功して、障害も残らないことを祈るばかりです。



スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

[ 2014/04/16 22:08 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(2)
ご無沙汰しております。
久々にお邪魔しましたら、
ご主人様の手術云々の記事…
びっくりしてしまいました。

うちの母もステント入れてるんですよ。
もう何十年も前に入れました。
術前の説明ではリスクのことばかり
言われて、手術受けるのが(受けさせるのが)
怖くなりました。簡単な手術でも
『大丈夫ですよ』とか、『安心して』とは
絶対言ってくれない…(--)
なんか逃げ道作ってるようにしか思えなくて
『患者や家族を不安がらせるなんて』と
不安になったことを憶えています。
その分看護師さんがきちんとフォロー&ケアを
してくださったので、よかったですが。

無事手術が終わることを願っています。
頑張れ~づみチチぁ~んp(^-^)q
(づみハハさんの旦那様なのでづみチチさんと
呼ばせていただきました。)
[ 2014/04/22 10:03 ] [ 編集 ]
>ゆうさん♪
こちらこそご無沙汰しております。

とうとう明日が手術日になりました。
同じ手術をなさったお母様がおられるなんて、なんだか他人とは思えない(笑)

安全性が高くなっているとは言え、リスクはありますから心配と言えば心配なのですが、
意外と落ち着いています。

俎上の鯉の心境です。

あとは成功を祈るばかりです。

エールを送っていただいたことをづみチチに伝えます。

ありがとうございました。
[ 2014/04/22 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する