♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

 《減塩料理 助けられています》

30日(火) 曇り
相変わらず食事療法を続けている主人(オジイチャン)。
減塩、低コレステロール、そしてカリウムも摂り過ぎないように気を付けなければなりません。

「助けてもらった命だから、せめて1年位は頑張ろう!」

なんて言いながら、味気ない食事を我慢して食べてくれています。

減塩料理
塩分は1日に6g以下に抑えています。

麺類が大好きな主人です。
ご存知だとは思いますが、スパゲティは塩分0。
そして手打ちの蕎麦は塩を使いません。でも市販の蕎麦には入っていることが多いので注意が必要。
で、うどんはというと、塩で腰をだすのか生麺も乾麺も塩分が多いのです。

麺類はごはんと違って出汁つゆやソースが必要です。
当然それには塩分が伴います。
普通に作ったらうどんのお出汁は塩分4.5g位です。
ラーメンに至っては6g以上、10gを超えているものもあります。

なので麺自体に塩分が多いのは致命的(>_<)
もううどんは少ししか食べれないのかなぁ?と思っていたのですが、

見つけました。塩分0 のうどん🎶

うどん

うどん
いつも行くスーパーではなくて、ちょっと足を延ばしたディスカウントショップの感じの小さなお店にあったのですヽ(^o^)丿

他のうどんに比べると少しお高いのですが許容範囲(笑)
そして塩分0なのに美味しいのです!

麺が塩分0ならば、お出汁に2g使える計算なので、
お出汁の量を少し少なめにするか、塩分は少し超過してもお出汁を残してもらうことでうどんを楽しめます。
夏場は具材をたっぷりにして、ぶっかけうどんとしてポン酢味にしたりすることもありました。
これからの季節は鍋にも入れられます。。。

そして使っている即席のだしの素は↓
だしの素

だしの素

だしの素
手抜きをせずにきちんと出汁をとるのが一番良いのですが、
ついつい素に頼ることも・・・

この理研の出汁は、以前から好きで使っていたのです。
主人が病気になってからナトリウム量、塩分量を見るようになり、
他のだしの素に比べたら一桁少ない塩分量だと知りました。

このだしの素、塩分0のうどんを見つけたお店には置いてないのです。
なんだか矛盾?

食事療法は毎日、毎日の事で手が抜けません。
でも、そのストレスをため過ぎないように!
と口実を付けて、手抜きもしております(←言い訳)

あ~~~ お寿司が食べたいよ~~! 無理!(笑)


スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 医療・病気・治療

タグ : 減塩 塩分0

[ 2014/09/30 08:58 ] 日々の事♪ 治療記録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。