♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

 《 ミュージカル 【ブラッドブラザース】 鑑賞》

10日(火) 晴 ところにより雪 風が強い

【ブラッドブラザース】 鑑賞

150310_l.jpg
松竹座の上演の見どころによると

双子の兄弟がたどる運命の物語 ──

この『ブラッドブラザース』はイギリスの劇作家ウィリー・ラッセルの代表作で、1983年のイギリスでの初演以降、ウエストエンド、ブロードウェイをはじめ、ドイツ、オーストラリア、韓国などで上演され、世界各地で愛されてきました。その巧みなストーリー展開と楽曲の素晴らしさがこの作品の最大の魅力であると同時に、階級社会を背景に親と子、兄弟の絆、人間の運命という、国境を越えた普遍的なテーマをもち、1983年には演劇界の名誉あるローレンス・オリヴィエ賞の最優秀新作ミュージカル賞を受賞しました。

今回、ウィリー・ラッセルから高い信頼を得ているイギリスの演出家、グレン・ウォルフォードのもと、
ジャニーズWESTの桐山照史、神山智洋が双子の兄弟、ミッキーとエディをつとめます。
共演にはマルシア、鈴木ほのか、昆夏美、まりゑ、渡辺正、渡辺大輔、そして真琴つばさといった
多彩なキャストが集結しました。
双子の兄弟がたどる運命の物語『ブラッドブラザース』にどうぞご期待ください!

と。

ロングランを続けているかなり有名なミュージカルなんですね。
知らなかった(>_<)

松竹座に着いたら、いつもとは違う若い人達、特に女性ばかりが目につきます。
「場違いなところに来ちゃったかな?」
と少々不安な気持ちを抱えつつの鑑賞となりましたが、

いえいえ、皆さん鑑賞マナーがとても良くて、
上演中はお喋りの声も聞かれず、バサバサと荷物を探る音もなく、とても静かだし、
歌舞伎を鑑賞する時よりも遥かに気持ち良く楽しむことができました。

今回ご一緒したMさんは、ミュージカルを鑑賞するのは初めてだったそうです。

外は真冬に逆戻りしたような寒さでしたが、
心暖まる鑑賞ができて本当に嬉しいと思いました♪

[大阪松竹座] Mさんと一緒に♪ Nさんいつもありがとうございますm(__)m

スポンサーサイト

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する