♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

 《 お花見小旅行 洞川 》

4月19日(日) 朝雨 後曇時々晴

お花見小旅行 洞川へ

昨日の女子会に続いて、今日はOさんご夫妻に誘っていただいて、Iさんと4人で洞川へお花見です。
残念ながらMさんは都合が悪くて不参加になりました。

奈良県吉野郡天川村洞川
洞川ドロガワと読みます。

吉野とは言っても、桜で有名な吉野山の遥か、はるか、はーーるか南、
音楽や芸能の神様としても有名な【天河大辨財天社】のあるところです。
ここでは毎年神前で能が奉納され、古くから能面、能装束が多数奉納されているそうです。

娘時代にお稽古をしていた謡曲、仕舞で、唯一今でも覚えているのが【吉野天人】
なんだかご縁を感じます。
機会があったら奉納能を観てみたいものです!

それにしても、山の中を行けども、行けどもなかなかたどり着かない遠さ!

運転をしてくださるOさんは大変でしょうが、
奥さま&Iさんも一緒におしゃべりをしながら景色を堪能できる私はドライブを満喫~~♪

たどり着いた洞川(ドロガワ)は、今でも女人禁制を貫いている霊峰大峰山の麓にある温泉町。

修験者の修行の地でもあり、
キャンプ場も沢山あって5月の山開きからは賑わうところなのだそうです。

が、例年よりも早い桜の開花で今日は観光客もまばらなのでしょうか?
とても静か。
ひなびた風情をのんびりと楽しみました。


今朝は雨が降っていました。
出発する時もまだ雨模様でした。

でも洞川に着いたら雲は多いけれどすっかり晴れて♪
15-04-19_19.jpg

桜も満開。
15-04-19_02.jpg

新緑も美しく。
15-04-19_18.jpg

川には大きなベニマスがたむろ(?)しています。
15-04-19_03.jpg

美味しい食事 [湯豆腐定食]をいただいて、
15-04-19_04.jpg

イザ!観光に出発です。
大峰山洞川温泉観光協会→http://www.dorogawaonsen.jp/info/154/
15-04-19_01.jpg
桜の向こうには杉山! 
15-04-19_00.jpg

そこいらじゅう 杉、杉、杉!見事に手入れされた杉の山ばかりです。

まずは【洞川八幡宮】へ
この階段は登りません、というか登れません(笑)
15-04-19_05.jpg

15-04-19_07.jpg

ご神木でしょうか?想像を絶する大きな杉の樹です。
15-04-19_13.jpg

八幡宮の横の坂道を少し登って、【面不動鍾乳洞】へ。
15-04-19_06.jpg

急勾配の坂道をトロッコモノレールに乗り、ゆっくり上の【面不動鍾乳洞入口】へ
15-04-19_08.jpg

上からの景色は、やっぱり見事な杉の山!
奥に少し霞んで見えるのが霊峰大峰山だそうです。
15-04-19_09.jpg

鍾乳洞の中にはいると・・・
15-04-19_10.jpg

ライトアップはしてあるのですが、今朝までの雨の影響か岩が濡れて、足元がおぼつかないし、頭もぶつけそう(>_<)
15-04-19_11.jpg

歳を忘れてワーワー騒ぎながら、下ったり上ったり。
自然の造形を楽しみました。
15-04-19_12.jpg
ライトアップはしてあっても、うまく写真は撮れません。

くだりもトロッコモノレールにのり、次は、
15-04-19_14.jpg

【龍泉寺】
15-04-19_17.jpg

この方はどなたでしょう?
15-04-19_15.jpg

散った桜の花弁が池を覆っています。
15-04-19_16.jpg

龍泉寺の裏手に【かりがね吊橋】というのがあるそうですが、
Oさんご夫妻も私も無理の出来ない身体なので、さすがにそこは止めにして。

ゴロゴロ茶屋という場所で美味しいゴロゴロ水をペットボトルに汲んで、
女人禁制大峰山の入口まで連れて行ってもらた後、
お世話になったOさんのお友達Hさんのお宅へ!
15-04-19_20.jpg

Hさんのお世話で、有名旅館【花屋徳兵衛】→http://www.tokubei.jp/
で温泉に入ることもできました。 極楽、極楽♪

【花屋徳兵衛】は時代劇にでも出てきそうな素敵な木造の古い旅館です。
こんな旅館でノンビリできたら良いでしょうね~~。

Hさんの法螺貝の音も聴かせていただいて、
15-04-19_21.jpg
お土産も頂戴して、帰宅の途につきました。

ひとえにOさんご夫妻のお人柄の成すところなのですが、私まで歓待の輪に入れていただいて、
有難く、嬉しく、楽しい一日を過ごさせていただきました。

あ~~~~~ぁ 楽しかった♪♪♪

つぶやき
天川村も、大峰山も 役の行者 や 大海人皇子 などのゆかりの地!
そんな場所を訪れることができたなんて、夢のようです。

また 宇宙皇子 を読みたくなりました。

スポンサーサイト

ジャンル : 地域情報
テーマ : 奈良

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する