FC2ブログ

♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

 《 映画 ギルティ- 鑑賞 》

3月15日 (金) 晴
つぶやき

今年の花粉はキツイ!
去年も、一昨年も病院に行かずに頑張ったのに、今年は我慢も限界です。
で、守口の大江医院まで出かけることにしました。
ここでいただく薬は私に合うみたいで、花粉症の辛さが吹っ飛ぶのです。

主人が病気になってから守口までは行けなくて、久しぶりなのですが、カルテは残っていたみたいで、

先生『5年ぶりだね!どうしてた?』
 私「主人が体調を崩したので来れなくて、近所の病院で辛抱していました。」
先生『そうかぁ、遠いもんな。で、お父さんの体調は大丈夫なん?』

花粉症の時期に1年か2年に1回診てもらうだけなのに、主人の心配までしてくださいます。
先生も看護師さん達も気さくに声をかけてくださるので、その応対だけでホッとして、
薬を飲む前に花粉症が穏やかになっていくみたいな感じです。

午前中に終わったので映画を1本観ることにいたしました。

【ギルティ】 鑑賞
190315_00.jpg
監督: グスタフ・モーラー
キャスト:ヤコブ・セーダーグレン (アスガー・ホルム)
     イェシカ・ディナウエ (イーベン)
     ヨハン・オルセン (ミカエル)
     オマール・シャガウィー (ラシッド)

デンマークの映画です。
緊急通報指令室のオペレーターとして、交通事故や小さな事件に応対する日々を送っているアスガ-のところに、
今誘拐されているという女性からの通報がはいります。
電話の声や音を頼りに事件を解決するというお話です。

緊急通報指令室だけの場面!
後は電話の声と音だけです。

始まって直ぐから胸がつまるような緊張感!

う~~ん あとは言えません。

ご自分の目で確かめてください。

[なんばパークスシネマ]

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する