♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

『エミリー・ローズ』 鑑賞(試写会)

【THE EXORCISM OF EMILY ROSE】ホラーを期待してはいけません!
★★★★★★★☆☆☆
poster
公式サイト

監督:スコット・デリクソン
出演:ローラ・リニー
    トム・ウィルキンソン
    ジェニファー・カーペンター  他

この映画はホラーではない。
実話である。
19歳の女子大生、エミリー・ローズ。
恐ろしい幻想と痙攣に苦しむ彼女は、
医学ではなく、ムーア神父に自らの運命を託した。
悪魔祓いの儀式の後、彼女は命を落としてしまう。
過失致死罪で起訴され、法廷で裁かれることになった神父。
そして、彼と共にエミリーの真相を明かす、女性弁護士エリン。
悪魔の存在を問うこの裁判の結末は…

hiropooさんご面なさい
この映画を見た友人から、とっても怖いと聞いていたのでお勧めしたのですが
ホラーという期待は肩すかし!全然怖くなかった。
感動の涙さえ浮かべてしまいました。(笑)

はたしてこの世に悪魔が存在するか?
それを裁判で証明できるか?
裁判物の映画です。

オカルト現象を見せますが、それを見せる映画ではないので
怖さはそれ程感じません。

ホラーを期待しなければ、とても興味深く、面白い作品です。

あなたは、悪魔の存在を信じますか?

[御堂会館]

《づみの感想 まだ書きかけと言っていましたが…》
●エミリー・ローズ
 ナビオTOHOプレックス 5番スクリーン
 ホラー映画かと思ってたら法廷サスペンスでした。
 悪魔祓い中の少女の死。精神病の患者の診療妨害による神父の過失致死か?
 法廷は悪魔の存在を認めるのか?
 法廷内の証言を再現映像のように見せ、
 少女 エミリー・ローズの姿を浮かび上がらせていく。
 神父の側から描かれているため、悪魔が実際に存在するという視点で物語りは進んでいくが、
 検察側を悪として描いているわけではないので
 どこに感情移入して見るかで感想が変わってきそうである。
 僕は今回一応主人公の弁護士エリンの立場で見たのだが。
 この映画が実話を”元”にしてあるというだけに、忍び寄る悪魔の手、怖かったです。
 ラストの有罪か無罪というサスペンス部分にはそれほど緊迫感を感じなかったのですが、
 (実際神父にとってもどう判決がくだろうと、大した問題ではなかった)
 悪魔祓いのシーンはすごい迫力で
 この映画は傑作であった。


スポンサーサイト

ジャンル : 映画
テーマ : 鑑賞記録

いえいえ
とんでも御座りません!
かなり丁寧な作りで、
それなりに良かったと
思いました。

エミリーは、素晴らしい人だ!

「スティング・マータ」も興味深い作品ですよ。
後「悪霊喰い」も関連作品として
大好きな作品です。
[ 2006/03/04 01:04 ] [ 編集 ]
>hiropooさん♪
「スティング・マータ」も「悪霊喰い」も未見です。(だと思います)
機会があったら、見ましょう♪
[ 2006/03/04 01:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する