♪日々 新鮮♪

《私自身の覚え書きです 期待せずに見てください》

『ユナイテッド93』 鑑賞(試写会)

【UNITED93】 (8月5日)
★★★★★★★★☆☆ 
ポスター公式サイト
脚本・監督:ポール・グリーングラス
   出演:ベッキー・ロンドン
      シェエン・ジャクソン
      チップ・ジエン
      クロー・シェーン
      クリスチャン・クレメンソン
      コリー・ジョンソン 他

2001年9月11日の全米同時多発テロの時の話です。
全米中の飛行機を監視する管制センターや米軍基地の混乱
そして、ハイジャックされた4機の中でただ1機、標的に到達することなく墜落した
ユナイテッド93便の状況をドキュメンタリータッチで描いています。

乗客から家族への電話、フライトレコーダー、ボイスレコーダー
関係者へのインタビューなどを元に
こんな状況だったのだろうと、ノンフィクションタッチで作られたフィクションです。

管制官や陸軍司令官など本人が多数出演もしており
ほとんど無名の俳優が起用されています。

93便に乗り合わせた乗客の遺族全員、関係者にも会って、
映画化の了解を得たと聞きました。

まだ印象も新しいこの時期に映画化されることが 是か非か私には解りませんが
ドラマティックに描くことを避けて、
淡々とドキュメンタリータッチで描かれているところに、好感が持てます。

93便の乗客のそれぞれのエピソードを綴り、
テロリストをいかにも悪者として登場させれば
お涙頂戴の感動作品に作れるでしょうが
それを故意に避けているような感じがしました。

題材が題材だけに、決して楽しめる映画ではありません。
どうなるか解っていても、つい肩に力が入って疲れます。

でも、面白かった!
こう表現するのが良いのかどうか?
でも、観てよかったです。


[御堂会館]  HANAさん感謝♪ (HANAさんと一緒に観ました)


スポンサーサイト
ネットで伝わる、もう一つの真実…
づみハハさん、初めまして。 作品自体のデキは良いようですね。

アメリカ政府の「93便は墜落した」という公式見解に基づいた内容ですが、
実は「911事件」は日本のマスコミも隠している? 事実が沢山あるようで、
映画公開反対派の遺族も公式報告の「不可解さ」に不信感を持っているようです。
(当時は携帯は通じないはず、墜落現場に機体や遺体がなかった証言など。。。)

そもそも「2001年9月11日にはテロは起きなかった・・・」とする、
9・11検証・ドキュメンタリー「Loose Change=ルース・チェインジ」が
全世界で波紋を広げ話題ですが、22歳のディラン・エイブリー監督が
100万円以下で制作した作品が、いまネットを通じてブレイクしています。

この作品の成功で、初の劇場用映画となる3弾が米国では秋に公開予定で、
いまアメリカ国内では「9・11真実追及運動」が高まっているようです。
私はNHKに独自に911事件を検証した番組制作希望メールを送りました。

英語版なら色んな場所から、2弾=完全版を「無料」でダウンロードできます。
410MB。英語字幕のデータはあります。字幕の表示方法など詳しくは検索で。
米国・ビデオグーグルではトップ100に、ドイツ語版含め2品がランクイン中。
今年はまだ「911事件」映画が続くので、真実に興味があればお勧めです。
http://www.loosechange911.com/download/trailer.wmv
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://video.google.com/videoranking
http://8136.teacup.com/empire/img/bbs/0000243.jpg
[ 2006/08/09 12:32 ] [ 編集 ]
ホワイト・ラビットさん♪
はじめまして。
この事件も、いろんな裏があるのですね。。
英語が堪能なら、もっと理解できるのでしょうが
如何せん・・・(>_<)
でも、興味ある人には見て欲しいですね。
[ 2006/08/09 14:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する